holly 25-2

スコットランド人夫が最も不可解に感じた日本の事「呼び名」

 - ホリースコットランド絵日記

スコットランド人夫が最も不可解に感じた日本の事「呼び名」

   

スコットランド人である夫は、オーストラリアで2カ月間ほど日本語を習っていたのですが、その時、最も不可解に感じたのは「日本人の呼び名」だったそうです。

holly 25-1

そんな疑問を投げかけられ、私は一瞬たじろぎました。
個人を識別する「Mr」、「Mrs」、「Miss」のような名称がないと、ややこしくないのか、と。
そこで私はドヤ顔で答えました。
「サイトウさんって呼んだら、家族どころか、日本中のサイトウさんが振り向くよ」。
すると夫は「それは効率が悪い!」と大笑いしました。

しかし、日本は世界屈指の「名字大国」なので、違う名字であふれていて、そんな状況になることはめったにないと付け加えました。

ビジネス関係や医者、学校の先生、弁護士など以外は、基本「下の名前」で人を呼ぶ習慣がある英語圏では、「名字で呼ぶ」という行為はよそよそしく感じられるのかも知れませんし、
「サイトウさんの奥さん」、「サイトウさんのご主人」という呼び方は少し面倒かもしれません。

そんな夫が初めて私の両親と会った時のこと――。

holly 25-2

「初対面でまさかの呼び捨て‼」と、私は目眩を覚えました。
しかし、それに対し、厳格な父親が、まさかの笑顔で握手に応えていました。
このなんとも言えないヒヤヒヤな呼び方が、今後も続くと考えただけで身の毛がよだった私は、夫に日本式の呼び名を教えました。
「日本では配偶者の両親を『お父さん』『お母さん』と呼ぶものだ」と。

すると、夫は眉根を寄せ――

holly 25-3

余談ですが、こちらでは日本でいうところの中年の男性や女性を指す「おじさん」「おばさん」といった抽象的な呼び方がありません。ゆえに、親戚はもちろん、近所の年配の方々とも「下の名前」で呼び合います。

近所の子供たちは私を「下の名前」で呼びます。しかし、私の名前を知らない子供たちは「チハナのお母さん」「モモカのお母さん」と、日本と同じような感じで呼んできます。

(終わり)


ホリースコットランド絵日記もっとを読む
+

関連記事
クジラの潮吹き【ホリースコットランド絵日記】
友だち追加

すくパラNEWS未掲載の漫画や記事も読めるよ!!

 - ホリースコットランド絵日記





 - ホリースコットランド絵日記


最新記事一覧を見る!!

  関連記事

3
スコットランドでは免許未取得の教習車が町中を大暴れ!?

駐車ラインをまたいだり すれちがいざま、道路の真ん中で車を止めたまま会話するスコ ...

hory28_03
スコットランドでは東洋人はひとまとめ!日本も中国も韓国も一緒!?

スコットランドで日本人と分かると 「あなた日本人?私韓国に行った事あるわ」 「私 ...

hory38_07
グラームス城の灰色の貴婦人「ホリースコットランド絵日記」

「ホリースコットランド絵日記」大好評連載中! ⇒ホリースコットランド絵日記もっと ...

2
毎晩張り込み!?元警察官である舅のチェックが厳しい!

スコットランド在中のホリーさん。 義母が再婚しているので、舅が二人。 義理兄姉も ...

1
大学受験が無い!?スコットランドの教育事情

娘たちの通うスコットランドの中高一貫高校は教科ごとに教室が分かれている。 ゆえに ...

 - ホリースコットランド絵日記




記事が面白かったら
「いいね!」&フォローお願いします!