公共の乗り物で泣く赤ちゃん…いたたまれないママも救う方法は??

 - 専業主夫の日常

公共の乗り物で泣く赤ちゃん…いたたまれないママも救う方法は??

   

2

子供もいない若い頃、電車で泣く赤ちゃんに「あらあらー、ごきげんナナメかしらねぇ。」などと赤ちゃんに微笑み、声をかける人を見ると、

「赤ちゃんがよっぽど好きなんだなー。」

ただ子供が好きだからニコニコ赤ちゃんに微笑んでいるんだと思ってた。

専業主夫の自分が子育てをやってみて気付いたのは、

赤ちゃんへの微笑みは、赤ちゃんのお母さんに「迷惑だと思ってないよ」と伝えるためのものでもある、ということ。

「専業主夫の日常」をもっと読む
title

関連記事
「オモチャを買って」は子どものワガママ?それとも寂しさの裏返し?

 - 専業主夫の日常






 - 専業主夫の日常



最新記事一覧を見る!!

  関連記事

6
【DV】相談担当者を困らせた専業主夫の身の上話とは?!

専業主夫のムーチョさんは先日、DVの相談担当の方とお話しする機会があった。 *D ...

4
【生活の変化】赤ちゃんが生まれる前と後。上手に新生活に融合する方法

DINKS(供働き、子無し)だった友人夫婦に子供ができた。 今回は我が家とその友 ...

2
「オモチャを買って」は子どものワガママ?それとも寂しさの裏返し?

母と娘ブーがケンカ中。 ケンカの原因は娘がプリキュアのおもちゃを買って!とねだっ ...

1
主婦にはわからない主夫のつらさ!プールでの罪悪感と気まずさ… 「専業主夫の日常」

夏、長女タマと次女ブーを連れて専業主夫の父はプールに遊びに来ました。 「プールだ ...

1
34歳、仕事は無し!?専業主夫のリアルな格闘を描く「専業主夫の日常」

子どもはいるけど、仕事なし。 専業主夫って大変なの? 気苦労はあるの? 家族は会 ...

 - 専業主夫の日常




記事が面白かったら
「いいね!」&フォローお願いします!