結婚12年目で授かった待望の男の子! 大人気インスタグラマー・keikoさんってどんな人?

ページ: 1 2

   

今回は、今大注目のインスタグラマー・keikoさんをご紹介します!

フォロワー数は、なんと9000人突破! 大人気インスタグラマーのkeikoさんは、2歳のしのくんを育てるワーキングママさん。現在はアパレル業で活躍されているそうです。

日々の育児している中で起こる何気ない出来事や、保育園での生活、そして家事と育児の両立の大変さなど、keikoさんご家族のリアルな日常を可愛らしいイラストで描いています。

keikoさんは仕事をしながら3年間不妊治療を経験した後、結婚12年目にしてようやく赤ちゃんを授かったそうです。そのため彼女のインスタグラムには、人工授精に14回失敗、その後体外受精のステージに進んだという不妊治療の体験談や妊娠レポがとても詳しく描かれています。

出産後も、しのくんの体のことで心配が絶えなかったそうです。内斜視や停留精巣など、手術が必要な問題を抱えていたといいますが、今ではそれらの手術も無事に終了し、今も元気にスクスク成長しているそうです。

体の問題はとてもデリケートなことで、周りの方に話すのは勇気がいることかと思います。万が一、そのようなことでお悩みの方はぜひ彼女の投稿を参考にしてみてください。そのほかにも面白くてクスッと笑える投稿がたくさんありますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

keikoさんのプロフィール

●結婚12年目にして、
やっとこさ授かったシノ坊(2歳4ヶ月)と、旦那と愛犬3匹の日常絵日記。
●ケーコ妊娠物語40話完結
●不妊治療体験談55話完結

インスタグラム:https://www.instagram.com/daren0107/

今回、そんなkeikoさんのインスタグラムから、すくパラ倶楽部編集部が厳選したおすすめのエピソードをご紹介いたします!

しのという名前(10コマ)


息子さんの名前を決める際、その責任の大きさに吐き気をもよおしてしまうほど、一生懸命に考えたというkeikoさん。今では保育園で先生やお友達から愛情を込めてつけた名前を呼んでもらう機会が増え、とても嬉しく感じているというエピソードでした!

不妊治療で仕事のやり方を見直した話(10コマ)


人工授精が失敗してしまった際に、自分の生活リズムや生活習慣を見直すことにしたというkeikoさん。現実を直視したくなかったといいますが、彼女のこの決断がその後の妊娠につながっていくお話です。体力も気力もないと大変な不妊治療を乗り越えていくことができないと教えてくれた投稿でした!

しのくん、メガネをゲット!(10コマ)


眼球が揺れ動く眼振が気になり、大きな病院を受診したというkeikoさん親子。その結果内斜視ということがわかり、メガネ生活がスタートしたというエピソードです。助成金の話など、とても参考になる投稿でした!

※次ページに続きます。
下のページナンバーをクリックしてください!!

ページ: 1 2

 - みんなの漫画, 子育て ,




 - みんなの漫画, 子育て ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。