スコットランド人夫が最も不可解に感じた日本の事「呼び名」

 - ホリースコットランド絵日記


スコットランド人夫が最も不可解に感じた日本の事「呼び名」

   

スコットランド人である夫は、オーストラリアで2カ月間ほど日本語を習っていたのですが、その時、最も不可解に感じたのは「日本人の呼び名」だったそうです。

holly 25-1

そんな疑問を投げかけられ、私は一瞬たじろぎました。
個人を識別する「Mr」、「Mrs」、「Miss」のような名称がないと、ややこしくないのか、と。
そこで私はドヤ顔で答えました。
「サイトウさんって呼んだら、家族どころか、日本中のサイトウさんが振り向くよ」。
すると夫は「それは効率が悪い!」と大笑いしました。

しかし、日本は世界屈指の「名字大国」なので、違う名字であふれていて、そんな状況になることはめったにないと付け加えました。

ビジネス関係や医者、学校の先生、弁護士など以外は、基本「下の名前」で人を呼ぶ習慣がある英語圏では、「名字で呼ぶ」という行為はよそよそしく感じられるのかも知れませんし、
「サイトウさんの奥さん」、「サイトウさんのご主人」という呼び方は少し面倒かもしれません。

そんな夫が初めて私の両親と会った時のこと――。

holly 25-2

「初対面でまさかの呼び捨て‼」と、私は目眩を覚えました。
しかし、それに対し、厳格な父親が、まさかの笑顔で握手に応えていました。
このなんとも言えないヒヤヒヤな呼び方が、今後も続くと考えただけで身の毛がよだった私は、夫に日本式の呼び名を教えました。
「日本では配偶者の両親を『お父さん』『お母さん』と呼ぶものだ」と。

すると、夫は眉根を寄せ――

holly 25-3

余談ですが、こちらでは日本でいうところの中年の男性や女性を指す「おじさん」「おばさん」といった抽象的な呼び方がありません。ゆえに、親戚はもちろん、近所の年配の方々とも「下の名前」で呼び合います。

近所の子供たちは私を「下の名前」で呼びます。しかし、私の名前を知らない子供たちは「チハナのお母さん」「モモカのお母さん」と、日本と同じような感じで呼んできます。

(終わり)


ホリースコットランド絵日記もっとを読む
+

関連記事  スコットランドの診療所はつらい時でもまさかの対応!?
---------------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

 - ホリースコットランド絵日記





 - ホリースコットランド絵日記

このエントリーをはてなブックマークに追加
友だち追加

最新記事一覧を見る!!

  関連記事

「あなたの乳首はそんなに汚いの?」スコットランドの授乳事情

スコットランドで助産師さんに 「お乳あげる前に乳首って拭かなくていいんですか?」 ...

コマーシャル【ホリースコットランド絵日記】 by ホリー

「ホリースコットランド絵日記」大好評連載中! 【関連記事】 ・アンラッキー【ホリ ...

名前の付け方【ホリースコットランド絵日記】 by ホリー

「ホリースコットランド絵日記」大好評連載中! 【関連記事】 ・花嫁のジンクス【ホ ...

英語は話せない娘達に冷たい!イクメン度ゼロのスコットランド人夫。

日本語しか理解しない離さない娘達に 幾分不安を覚えた頃。 友達の家に遊びに行くス ...

私の知らない旦那の情報さえ知っている義母!【ホリースコットランド絵日記】

「ホリースコットランド絵日記」大好評連載中! ◆関連記事◆ ・ママは困る。オート ...

 - ホリースコットランド絵日記


記事が面白かったら
「いいね!」&フォローお願いします!