公共の乗り物で泣く赤ちゃん…いたたまれないママも救う方法は??

 - 専業主夫の日常, 旦那, 赤ちゃん

   

2

子供もいない若い頃、電車で泣く赤ちゃんに「あらあらー、ごきげんナナメかしらねぇ。」などと赤ちゃんに微笑み、声をかける人を見ると、

「赤ちゃんがよっぽど好きなんだなー。」

ただ子供が好きだからニコニコ赤ちゃんに微笑んでいるんだと思ってた。

専業主夫の自分が子育てをやってみて気付いたのは、

赤ちゃんへの微笑みは、赤ちゃんのお母さんに「迷惑だと思ってないよ」と伝えるためのものでもある、ということ。

「専業主夫の日常」をもっと読む
title

関連記事
病院側の一言で危険なカンガルーケアに!?【病院の失言 前編】by 鶏岡みのり



 - 専業主夫の日常, 旦那, 赤ちゃん


  関連記事

 - 専業主夫の日常, 旦那, 赤ちゃん