男が家にやって来る…不安と恐怖の夜【不審者?ストーカー?身近な恐怖④】 by おかゆ

ページ: 1 2

   

◆前回のお話

私を好きだと言う男の発言はエスカレートしていき…【不審者?ストーカー?身近な恐怖③】

 

「毎日お風呂を覗いている」

「これから家に火を付けに行く」

そう言って電話を切ったスズキ(仮名)と名乗る男。

 

その後、男は本当に家にやってきたのでしょうか…!?

 

【恐怖の夜】

 

外では父が見張りをし、母が見守る中でお風呂に入り終えた私。

いつ男がやってくるのか、不安と恐怖でガタガタと震えていました。

 

 

そして髪もほとんど乾かさぬまま、びしょびしょに濡れた髪で布団にくるまりました。

深夜になっても両親はずっと起きていてくれましたが、私は眠ることができませんでした。

 

そして、ほとんど眠れないまま朝を迎えました。

男が来なかったという安堵感と、今日はどうなるんだろうという不安で頭はぐちゃぐちゃでした。

それでも学校に行かないわけにはいかなかったので、朝食を食べ、トイレに行き、顔を洗い、制服に着替えます。

いつどこで男が見ているか分からないし、放火されるか分からないので、家の中にいるのに全然安心できませんでした。

 

【登下校の時間】

 

学校へ行くのが怖い…

今もどこかで見られていたらどうしよう…

 

そんな時でした。

 

 

え…嘘でしょ…?

もしかして…!?

…!

 

※次ページに続きます。
下のページナンバーをクリックしてください!!

ページ: 1 2

 - トラブル, 中学生, 女の子 ,




 - トラブル, 中学生, 女の子 ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。