上達が遅い娘のことをピアノの先生に伝えると…【子供の習い事⑩】 by あぽり

ページ: 1 2

   

逆に先生は喜んで下さって。

「ステキ!」と言われました。

「きっととても嫌な思いをしたでしょうに、
そんな小さな子が、それでもピアノを習いたいだなんて、
ピアノが大好きって事ですよね?」

って。

「私はピアノを好きになってもらいたいんです!
是非、本人に会いたいわ!」
とおっしゃって下さいました。

「ピアノが好き」なだけでいいと言われ、

娘を全部受け入れてもらえた気分で、
ちょっと泣けました。

そして、日付を決め、
先生と娘が初めて会う日が決まりました。

 

つづく。

 

~【子供の習い事】第1話はこちらから~

◆これまでのお話はこちら

子供の習い事シリーズ
少しだけ後悔している事シリーズ
娘の反抗期シリーズ
言霊の話シリーズ
息子の反抗期シリーズ
私の役員生活シリーズ

あぽりさんの作品をもっと読みたい方はこちらから
⇒ブログ 絵日記でございます。

しくじり育児エピソード大募集!

c1ed5dd4765b7d63d0a30c1f9533c339

ページ: 1 2

フォローしてあぽりさんの最新記事をチェック!

 - 二人目以降, 女の子, 子育て, 習い事 ,




 - 二人目以降, 女の子, 子育て, 習い事 ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。


/*
*/