深夜の病院で茫然。助けを求めて電話した先は…【長女が熱性けいれんを卒業するまで③】 by koyome

ページ: 1 2

   

◆今までのお話

【長女が熱性けいれんを卒業するまで】

 

前回、深夜に裸のムスメを抱え、病院から帰宅しなければならなくなりました。

バスも電車も終わっている時間。

行きは救急車で運ばれてきたので、足がない…!

 

 

搬送後、何度か嘔吐したので手持ちの着替えは全滅。

寒い時期では無かったのですが、流石に…ということで実家に電話したところ、まだ起きていた母が車で来てくれることになりました。(本当に感謝しかない)

どちらにしろ、おそらく風邪とは言われたけれど、いつ嘔吐するかも分からない、病気のムスメをタクシーには乗せられませんでした。

 
 

※次ページに続きます。
下のページナンバーをクリックしてください!!

ページ: 1 2

フォローしてkoyomeさんの最新記事をチェック!

 - 1歳児, じいじばあば, ママ, 女の子, 子育て, 旦那, 病気・トラブル ,




 - 1歳児, じいじばあば, ママ, 女の子, 子育て, 旦那, 病気・トラブル ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。