財布・携帯・鍵もナシ!家に帰れずスーパーで時間を潰そうと思ったけれど我が子が…?!「子連れ一文無しの悲哀③」

   

カラスヤサトシ先生「オレは子をみて育とうと思う」絶賛連載中!

oreha43_03

前回のお話はコチラ⇒財布も携帯もない!家のカギを忘れた親子に初夏の夕日がジリジリと厳しく…「子連れ一文無しの悲哀②」

「ふー、よかった。そうだここがあった…。」

スーパーの食料品売り場の片隅に、飲料水無料のコーナーがあったことを思い出す。

「これでひとまず熱中症の危険は…。よしよし、ついでにここで7時…、いや8時くらいかな。妻帰ってくるのは。あと3~4時間、時間つぶせれば…。」

色々と考えるけれど、

娘りーちゃんは「ジュースのみたい!」

財布もないため「だからダメなんだってば。」

「じゃー、グミは?」

「だから!お金がないの!」

「じゃー、ラムネ!」

「だから!買えないんだって!」

我が子、経済の原則がまだわかっていないことが判明する。

Click here to preview your posts with PRO themes ››


⇒この話を最初から読む
「オレは子をみて育とうと思う」をもっと読む
+

 - オレは子を見て育とうと思う, 旦那




 - オレは子を見て育とうと思う, 旦那


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。