【ほろりとするお話】逃がした蝶にいつでも会える!

   

IMG_0502

前回のお話はコチラ虫取りをして子供は大喜びだけど・・・母は蝶が怖いんです!
このままではすぐ死んでしまう

高くまで飛べる蝶には、カゴは狭すぎる

等、息子を説得しました。

「僕が逃がす!」と、自分から籠の蓋を開けました。

狭い籠で羽が折れてしまっていた蝶。それでも空に羽ばたいて行きました。
後日、空を元気に飛んでいる蝶を見つけた息子。

「あ、あの時僕が逃した蝶だ!」と元気な姿を見られました。

きっと、あの時のチョウチョだね。

Click here to preview your posts with PRO themes ››


⇒作者:黒田カナコさん
すくパラぷらすを読むtit-main

 - みんなの漫画, 男の子




 - みんなの漫画, 男の子


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。