産後同じ病室の人から言われた切ない言葉【出産入院編④】 by ワンタケ


このエントリーをはてなブックマークに追加

 - 0歳児, しくじり育児 ,

   

前回出したクイズはこちら!↓

「同じ病室の人に言われたキツイひと事」とは何でしょうか?

 

①あなたの歯ぎしりがうるさいんだよね~
②あなたの赤ちゃんの泣き声がうるさいんだよね~
③あなた大部屋なんだから全裸でうろつかないでください!

 

そして正解はこちらです^^↓

こんにちは~!

そんな訳で、今回のクイズの正解は「②あなたの赤ちゃんの泣き声がうるさいんだよね~」でした!

 

いや、実際に直接言われた訳では無いんですけども、被害妄想とか抜きでうるさかったのは私の赤子のみでした。

他の親子も入れ替わり立ち替わりしていたのに、ほんとウチの子だけうっさかった。ていうか逆に言うと、他の赤ちゃん驚きの静かさ。時々泣くと「あ、いたの!?」ってビックリするレベルでした。

よく「入院中はすごく良い子で~」という話聞きますが、そういう子ばかりが集結した精鋭部隊の病室だったのでしょうか?

 

【泣いていた原因】

 

が足りなそうなのでミルクも足していたのですが、それでもよく泣いていた我が赤子。乳以外にもうひとつ原因として思い当たるのは、「ベビーカートに乗せていた事」です。

母子同室になってすぐ看護師さんに「赤ちゃんはベビーカートに乗せて寝かせていても良いんですか?」と聞いたら「モチロンですよ。ベビーカートで寝かせても、一緒にベッドで寝ても大丈夫です!」と言われたのです。

「一緒に寝たらぷちっと潰しそうで怖い」と思った私は、ベビーカートに寝かせる事を選びました。

しかし、赤子ったら泣いてばっかで全然寝ない。おくるみをすると寝ると聞いたので、やってみてもまぁ寝ない…。

 

【初めての添い寝】

 

とにかく泣き止まない3日目の夜…。
授乳室でオールする事に耐えられなくなってきた私は、とうとう赤子をベビーカートからベッドに移して添い寝をしました。

潰さないように、そっと手を握って一緒に横たわりました。
そうしたらなんと、そこで初めて赤子と私は3時間続けて安眠したのです。

 

私はその夜の事を今でもよく思い出します。

 

そこで初めて分かった事。
赤ちゃんはいろんな個性を持って産まれて来るけれど、うちの赤子はどうやら極度の寂しがり屋のようなのでした。

 

その後退院してからも、せっかく買ったベビー布団でも1人では寝てくれず、同じ布団で寝ることになったり、体の一部がくっついてないと夜中に泣いたりする、ウザくて可愛い寂しがり屋なのでした。

そんな時期があった事も忘れて、ムスコはきっと、大人になる前にさっさと別々に寝たがるようになるでしょう。
ムスメならまだともかく、ムスコともなるといとも簡単に親離れして行くのでしょう。

 

そう思うとなんだか頼もしくもあり悔しくもあります。

 

今そんな濃密に一緒に過ごしてくれなくて良いから、長いスパンでずっと程良く仲良くしてくれれば良いのに!!!

 

細く長く、そういう契約を望む!!笑

 

とまあ、そんな訳で、眠れぬ夜をほぼ授乳室で過ごしていた私ですが、ここでクイズです。

授乳室で変な展開になりました。さて、変な展開とは?

 

①看護師さんに浣腸をしてもらった
②看護師さんに添い寝された
③看護師さんに散々つねられた

 

正解はまた次回!是非見て下さいね~☆

◆前回のお話はコチラから⇒病院ストライキで人手不足!院内の雰囲気は殺伐として…【出産入院編③】

◆今までのお話はコチラから⇒ワンタケさん記事一覧

作者:ワンタケさん
しくじり育児エピソード大募集!
c1ed5dd4765b7d63d0a30c1f9533c339

関連記事
子どもの救急車ブームに疲れ切っているママへ…経験者ママは語る!
◆前の記事:
◆次の記事:

 - 0歳児, しくじり育児 ,

本日の人気記事



 - 0歳児, しくじり育児 ,



  関連記事

子供のお手伝いにお駄賃をあげた結果、こんなにラクになりました!【育児手抜きテク④】 by ゆずぽん

育児手抜きテク4回目 今回も家族の手を借りることにしました。 しょうちゃん(小3 ...

【猛反省】やってはいけなかった!車を離れた数分で・・・。 by ユウ

          車の中に子 ...

出産前の理想と出産後の現実【布おむつ】は今どこに…??

出産前は「布おむつ」を使うことに憧れていました。 出産前は「布おむつ」を使うこと ...

「働いてないなら家でみられる」保育士さんの言葉に絶句!【一時保育の厳しい現実④】 by ヤマダチーコ

あとで考えたら、6ヶ月半でおすわりできないとか離乳食あんまり食べないとか別によく ...

顔が青ざめるほどパパの心配をする2歳娘。その理由とは?!

可愛すぎる子供 (2歳娘)! 旦那は毎日家で作ったお茶を持って行くのでテーブルに ...

 - 0歳児, しくじり育児 ,