自閉症の息子のこだわり行動に付き合ってあげた結果「自閉症くんの母、やってます」

 - 自閉症君の母やってます。 ,


自閉症の息子のこだわり行動に付き合ってあげた結果「自閉症くんの母、やってます」

   

8

繰り返し行動をする息子に対して、

3~4歳のころは、言葉もそうだけど、状況とかまだ理解できていないので、なるべく過ごしやすいようにしてやりたいと考えて、出来る限りこもたろの、こだわりルーティンに付き合った。

5歳になって、だいぶ分かるようになってきたから、説明してみた。

「こもたろ、今日はDVD1回にしてみよう」

説明をして納得させることを続けた結果、6歳ぐらいの時には

こもたろ「○○○みたい」

私「○○○を見終わったらテレビはおしまいね」

こもたろ「わかった」

私「テレビは8時まで?」

こもたろ「そうだね」

とルールを決めてみる事ができるようになった。

納得しているので8時にテレビを消しても大丈夫。

4歳半ばころから、他の楽しいことに気を向かさせてきたが、その結果

私「わーお気に入りのジュースがなかったー」

こもたろ「えーっ、じゃあこれでいいや」

と6歳になり、臨機応変に対応できるようになった気がする。

コンビニへの寄り道から始まった療育園帰りの寄り道も

寄り道先をなるべく分散するようにして、

そのうち分散対象に自宅もエントリーさせて

毎回寄り道していたのを2日に一回、3日に一回を徐々に減らしていった。

こもたろ「おかあさん、かえり寄り道行く?」

私「今日は行かないよ」

こもたろ「えーっ行きたい行きたい」

私「この間行ったからまた今度ね」

こもたろ「また今度?」

私「そうまた今度」

こもたろ「分かった」

というように話し合いの末、妥協してくれることも増えた。

今は私の用事にも付き合ってくれるようになり、決まった道でのこだわりはない。

今、思い返すと4歳くらいまでこだわりにはとことん付き合った。

精神安定剤としてこもたろにはとても効果があった気がする。

反復的な行動をおこしているのは、何かしら不安やストレスを感じているから無理にやめさせなくてよかった。

今のところ、二次障害もないし、大丈夫かなと感じている。

自閉症の息子のこだわりに付き合っている最中に思っていた事。

これ、誤った学習になっても困るんだよなあ。なんでもこもたろの思い通りになるわけじゃない。
こだわりがわがままとなってしまっては元も子もない。このあたりのバランスが本当に難しい。

常に葛藤はあった。こだわり行動への付き合いはあくまで精神安定のためだから。


⇒「自閉症くんの母、やってます」をもっと読む
+

関連記事  関心を持った絵本がDVDへのこだわりを逸らす!?「自閉症くんの母、やってます」
---------------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

 - 自閉症君の母やってます。 ,





 - 自閉症君の母やってます。 ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
友だち追加

最新記事一覧を見る!!

  関連記事

【自閉症】母のメンタルの変化① 生まれた赤ちゃんは手がかからず…

moro先生の「自閉症くんの母、やってます」大好評連載中! 自閉症の息子こもたろ ...

【自閉症】9歳になった今、息子にやらせていること

moro先生の「自閉症くんの母、やってます」大好評連載中! 自閉症の息子こもたろ ...

【自閉症】先生の助言で息子に人との正しい関わり方を教えることに!

moro先生の「自閉症くんの母、やってます」大好評連載中! 前回のお話はコチラ⇒ ...

【自閉症】奇声をあげると周囲がどう思うかを伝える by moro

moro先生の「自閉症くんの母、やってます」大好評連載中! 自閉症の息子こもたろ ...

【自閉症】奇声をあげていい場所、ダメな場所 by moro

moro先生の「自閉症くんの母、やってます」大好評連載中! 自閉症の息子こもたろ ...

 - 自閉症君の母やってます。 ,


記事が面白かったら
「いいね!」&フォローお願いします!