産婦人科の先生に鼻で笑われた話。 by しまこ

   

こんにちは。年子かーたん「しまこ」です。

1人目は悪阻がひどかった私。

妊娠に気が付いて、早い段階で悪阻がはじまり、そして寝込む日々・・・

目を開けると目が回り、目を閉じても頭がぐらぐらして・・・

眠っている時だけが平和だったけれど、人間そんなに眠れるわけもなく・・・

生むまで体調の悪さが続きました・・・。

 

そんな状態なので産婦人科への道のりも地獄!

電車で行かないといけなかったのですが、一駅一駅降りて吐くほど・・・

仕事なんて、もちろん行けません!

有休は消化しきってしまい、仕方なく先生に休めるよう一筆書いていただこうと相談した結果、

鼻で笑われましたよ!!

 

漫画では叫んでいますが、実際はそんな元気はなく、半泣きでお願いしてしぶしぶ書いてもらえました・・

悪阻、経験してみろ!!

 

 

⇒作者:しまこさん
しまこさんの記事一覧

みんなの漫画をもっと読む
tit-main

 - つわり, つわり症状, みんなの漫画, 妊娠




 - つわり, つわり症状, みんなの漫画, 妊娠


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。