言われて心が軽くなった先生の言葉 by 猫田カヨ

   

◆前回のお話はこちらから

2歳半で二語文を離せなかった娘。担当の先生に相談したら…

 

「娘さんは娘さんですよ」
という先生の言葉にハッとした私。

知らない間に他の子と娘を比べていることに気が付きました。
発達のスピードは人それぞれで個人差があります。
娘には娘のペースがあるし、焦ってもしかたがない。

あくまで発達の基準として参考にとどめておけばいいのですが
娘にそのまま「基準」を当てはめて考えるのは違うのです。

比べるのであれば娘自身の過去から現在までの中で、
少しでも成長しているところを
見つけて認めることが大事なのだと気付けました。

おかげで気持ちがかなり楽になったのを覚えています。

 

 

⇒作者:猫田カヨさん
猫田カヨさんの漫画をもっと読むtit-main

 - 0歳児, みんなの漫画, 子育て




 - 0歳児, みんなの漫画, 子育て


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。