言われて心が軽くなった先生の言葉 by 猫田カヨ


このエントリーをはてなブックマークに追加

 - 0歳児, みんなの漫画, 子育て

   

◆前回のお話はこちらから

2歳半で二語文を離せなかった娘。担当の先生に相談したら…

 

「娘さんは娘さんですよ」
という先生の言葉にハッとした私。

知らない間に他の子と娘を比べていることに気が付きました。
発達のスピードは人それぞれで個人差があります。
娘には娘のペースがあるし、焦ってもしかたがない。

あくまで発達の基準として参考にとどめておけばいいのですが
娘にそのまま「基準」を当てはめて考えるのは違うのです。

比べるのであれば娘自身の過去から現在までの中で、
少しでも成長しているところを
見つけて認めることが大事なのだと気付けました。

おかげで気持ちがかなり楽になったのを覚えています。

 

 

⇒作者:猫田カヨさん
猫田カヨさんの漫画をもっと読むtit-main

関連記事
GCUにある保育器の前へ…【36歳の妊娠~産後⑪】by 猫田カヨ
◆前の記事:
◆次の記事:

 - 0歳児, みんなの漫画, 子育て





 - 0歳児, みんなの漫画, 子育て



  関連記事

近いけどちょっと違う!娘のおむつ替え by しまこ

こんにちは。年子かーたん「しまこ」です。 自分でやりたがるお年頃のひまちゃん。お ...

少しの油断と不注意で、あっという間に牛乳カオス?!「しくじり育児」by あざみ

2歳と9ヶ月の年子兄弟の、とある朝の出来事。 慌ただしく子ども達の朝食を準備して ...

赤ちゃん同士で隣に立つと… by ヤマダチーコ

生後9ヶ月ぐらいの時です。 これ、実は動画も撮ってました。 ほんっとに可愛かった ...

「夢の中までごめんなさい」夫に夢の話をしてみたら… by フナ

昨日みた夢の話   夫あっくん「なおちゃっ(妻)!どうしよう・・・。や ...

【授乳編】ペットがいてくれて助かったこと「トリあたま子育て日記」第1話-3 

新生児のお世話は睡眠と孤独の戦い 深夜の授乳中、孤独すぎて気持ちがブルーに。 そ ...

 - 0歳児, みんなの漫画, 子育て