ついにAさんと決戦!Aさんの攻撃が止まらない…!【トンデモなママ友のお話③】 by 白目みさえ

ページ: 1 2

   

◆前回のお話

Aさんは悪い人ではない。しかし「害のある人」だ…【トンデモなママ友のお話②】

 

【Aさんとの役員会議がはじまりました…】

じつはAさんはクラス役員に「立候補」していました。

上のお子さんのふたりのときも、クラス役員をされていたそう。

 

年長さんは、卒園パーティー係やアルバム委員、お茶会委員など、その他もろもろの役割があって

これまでなにも役が当たってない人が、なにかしらの役をやろうという暗黙の了解があります。

うちの園はひとクラスの人数が少ないので、絶対なにか当たるんですね。

そこは私もちゃんと腹をくくっていました。

是非ラクな係をやりたいと…!(なにもくくっていない)

 

クラス役員は2人必要なのですが、Aさんは最初に手をあげました。

「どうせだれもやりたくないでしょ?私やります!」と…それはもう颯爽と。

 

結局もうひとりはだれも立候補せず、くじ引きになり、私が当選したわけですが…。

(トップバッターだったのに…。絶対だれかの陰謀や…。)

 

Aさんが役員って決まってから、さらにだれも手をあげようとしなくなったような気もするけど

きっと私の気のせいだよね☆

そして、その他の係はさっさと他の人が立候補して決まったけど、偶然だよね☆

 

それでもAさんは「頑張ろうね!」「白目さんに期待してるよ☆」的な空気を出してくれていたので…

単純な私はうっかり「いい人なのかな?」と勘違いしたまま、Aさんと役員会議を始めてしまったのです。

 

※次ページに続きます。
下のページナンバーをクリックしてください!!

ページ: 1 2

 - トラブル, ママ, ママ友, 保育園, 子育て ,




 - トラブル, ママ, ママ友, 保育園, 子育て ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。