やっと保育園に着いたと思ったら・・・ショックすぎる忘れ物

   

その日はバタバタな朝だった!

我が家には5歳と3歳の保育園児がいます。

マイペースな子ども達に、朝の支度をさせて園に送り届けるのは一苦労。

なんとか時間内に保育園に送り届けることができたが・・・

その日も、バタバタな朝でしたが、
なんとか時間内に保育園に到着。

は~~、間に合ったっ。子ども達を送り届けられたっ。
と、ほっとしていたわたし。

すると娘が、
「おかーちゃん、リュックはぁ?」
ですって!!

リュックがない

なーーーーい!

リュックが、ないよーーー!?

必要なものを入れたリュックを忘れた!!

着替えやノート、タオルなど、もろもろのものが入ったリュックを
まるごと忘れてきてしまったことに
園に着いてから、愕然とするわたし。

リュックがない、という事態にもショックだし
保育園に着くまで気付かなかった自分にもショック。

朝から落ち込むわたしでしたが、
娘は意外と嬉しそう。

先生に得意気に、リュックがないことを報告していました。

落ち込む私に対してアクシデントを楽しむ!?娘・・・

忘れ物を嬉しそうに報告する娘

“リュックなし登園”という、特別な事態を楽しんでいる娘をみて、
なんてプラス思考なのかしら。
と、うらやましくなりつつ、

もうリュックは忘れまい、と心に誓うわたしでした。

・・・と、いいつつ
絶対に忘れない、という自信は・・・正直ないっ

(ちなみに、その日は園にあるものを貸していただき
なんとか過ごせた娘デシタ)


作者:ハナペコさん
しくじり育児エピソード大募集!
c1ed5dd4765b7d63d0a30c1f9533c339

 - しくじり育児, 保育園, ,




 - しくじり育児, 保育園, ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。