ちょっとの”甘やかし”がイヤイヤ期に大変な事態を巻き起こす…!【イヤイヤ期問題②】 by HYPかなこ

ページ: 1 2

   

【要求が通る魔法の言葉】

 

「最後」「ちょっとだけ」「一回だけ」

チビコーの中では

『これを言えば、自分の要求が通る』

言葉になってしまっていたんだと思います。

 

それは、私が

「最後」「ちょっとだけ」「一回だけ」

を「守らずに」与えてしまっていたから。

だから、言えばもらえると思ってしまったんでしょう。

 

 

そのせいで「最後」「ちょっとだけ」「一回だけ」の意味を違うように覚えてしまったんだ!

そりゃ、何度も言い続けますよね。

言えばもらえる状況を、何度も作ってしまっていたのですから。

 

延々と「しゃいご!」を言い続けるチビコーを見て、ようやく甘やかしていたことに気付きました。

 

【過去最高のイヤイヤに発展!】

 

23ヶ月になった頃、夫のこうじ氏と道の駅へ行きました。

そこにはディスプレイされている車のおもちゃがありました。

これは見られたら欲しがっちゃう!とスルーしようとするも、大好きな車のおもちゃに気付いたチビコー。

「ぶーぶ、ちょらい!」

声を大きくして叫びます。

「買わないよ!」

と言っても、もちろん引かないチビコー。

「ぶーぶ、ちょらい!」

 

次第に泣き声に近くなり、道の駅に絶叫が響き渡ります。

『値段もそこそこするしな家にいっぱい車のおもちゃあるし

 でもこんなに泣いて欲しがってるし、買ってあげたら甘やかしになるか

迷った末、こうじ氏に

「どうしよう、買う?やめとく?」

と相談すると

「毎回も買ってらんないよ」

と言いました。

そりゃそーだよねぇ。

 

「ちょとだけぇぇ!!!!!」

「しゃいごぉぉぉぉおお!!!!」

道の駅で大号泣。

 

 

絶叫するチビコーを抱っこして、こうじ氏は先に車へ戻って行きました。

私が買い物を終えて車へ行こうとすると、遠くからでも聞こえる絶叫。

周りの人がビックリして振り返るレベルで泣いておりました。

 

車へ乗り込んでも泣き続けるチビコー。

持ってきていた車のおもちゃを渡そうするも「いあない!」と吹っ飛ばし。

飲み物をあげようとするも「いあないいぃぃぃ!!!」と号泣。

 

 

少しでも刺激を与えると泣き叫ぶようになり

そのまま走る車内で30分以上泣き続けていました。

こんなにイヤイヤを引きずったのも、大声を出し続けたのもこの時が初めてでした。

今回の号泣もきっと、「ちょっとだけ」と言えばもらえるとチビコーは思い込んでしまっていたんだろうと思います。

 

完全にしくった!

関わり方を間違った!

これからどう関わり方を修正しようか

 

もう、決めていくしかないよな。

そんなわけで、夫のこうじ氏に相談することにしました。

 

 

HYPかなこさんの作品をもっと読みたい方はこちらから
⇒インスタグラム hyp_kanako
しくじり育児エピソード大募集!
c1ed5dd4765b7d63d0a30c1f9533c339

ページ: 1 2

フォローしてHYPかなこさんの最新記事をチェック!

 - 2歳児, しつけ, ママ, 子育て, 男の子 , ,




 - 2歳児, しつけ, ママ, 子育て, 男の子 , ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。