私をどん底に突き落とした夫からの誕生日祝い【産後クライシス②】 by 水谷テトム

   

◆前回のお話

私の誕生日前日、夫の行動に期待は高まり…【産後クライシス①】

 

誕生日は結局一日中娘のお世話でドタバタ。
あっという間に一日が終わり、夫が帰宅しました。

夫が帰ってきたとき手に持っていたプレゼントは
「閉店間際の花屋のしおれた花束」
「予約も準備も必要もないカットケーキ2切れ」でした。

プレゼントしたいものが思いつかない時は、花束を買ってくれればうれしいと、よく私は言っていたけど。なんでしおれているの?と聞いたら、花屋が閉店間際で、売れ残りの花を見繕ってくれたと。ケーキは大きなものを買ったら乳腺炎になるかもしれないから小さいものにしたと。

夫はまるで悪気はありませんでした。

でも、日々必死で育児頑張っているのだから、自分の誕生日ぐらい華やかな気持ちになりたかった。しおれた花束は華やかな気持ちになるどころか、朝、無駄に期待してしまった私の気持ちをどん底へと突き落としたのでした。


⇒作者:水谷テトムさん
みんなの漫画読む
tit-main

 - みんなの漫画, 子育て, 旦那




 - みんなの漫画, 子育て, 旦那


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。