叱られた事実と愛されている自信の境界線 by まめすけ

   

何だか急に大人びた感じ。
達観してるなあ。

私が思っていた以上に、
娘は愛情を感じて、受け取ってくれていたことに
嬉しいような、安心したような気持ちになりました。

私自身は、叱られたら嫌われる気がしてしまってすごく不安だったなあ。
大人になってから、それは思い込みだと気付きましたが
気付いてからもこじれてこじれて、
長い間悩んでいた気がします。

ただ叱られたという事実であるだけということと、
自分が愛されていると自信を持てる感情に
こんなに綺麗に境界線を引けている娘を、尊敬します。

私は今でもごっちゃまぜになりそうになります(^^;)

叱られたという事実を、しっかり受け止めて反省も出来ているから、
長女はこれからも大丈夫だろうなと感じます。

すくパラNEWS公式YouTubeチャンネル毎日更新中!
チャンネル登録お願いします!

⇒作者:まめすけさん
みんなの漫画読む
tit-main

フォローしてすくパラ事務局さんの最新記事をチェック!

 - みんなの漫画, 子育て




 - みんなの漫画, 子育て


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。