火葬場出勤初日の洗礼【最期の火を灯す者 火葬場で働く僕の日常】「第1話-今日から火葬場職員になりました」① by 下駄華緒&蓮古田二郎

ページ: 1 2 3 4

   

「火葬場職員は人生の締めくくりをしてあげられるすばらしい仕事」と熱い気持ちを抱き火葬場の門を叩いた下駄華緒。
晴れて火葬場職員になった下駄青年であったが、火葬場では日々壮絶な出来事が待ち受けていたーー。
火葬炉の火の中で動き出すご遺体、火葬中に破裂したご遺体の骨片や肉片による怪我、ずっしり重く豆腐のような状態で棺に収められた水死したご遺体などなどーー。
個性あふれる同僚職員たちと様々な業務を通し、一人前の火葬場職員になるまでの日々を描くーー!!

「火葬場で働く僕の日常」掲載スタート!

※次ページに続きます。
下のページナンバーをクリックしてください!!

ページ: 1 2 3 4

フォローして下駄華緒&蓮古田二郎さんの最新記事をチェック!

 - すくパラぷらす更新情報 , ,




 - すくパラぷらす更新情報 , ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。