【金魚すくいの金魚】子どもがすっかり忘れて3日が経過…

   

カラスヤサトシ先生「オレは子をみて育とうと思う」絶賛連載中!

金魚のことをすっかり忘れた子供

金魚すくいの金魚を家で飼うことにした。

前回のお話はコチラ⇒【金魚の飼い始め】金魚にストレスを与えないよう父の心配が尽きない

子ども、幼稚園に通いつつ3日過ぎる。

雨の中幼稚園から帰ってきた妻と子ども(りーちゃん)。

りーちゃん「ただいまー。」

妻「雨だよ。洗濯物入れてくれた?」

「えっ、あー、ごめんまだ・・・。」

妻「いい!入れとくからりーちゃんと遊んでて!」

りーちゃん「やたー。おそといきたい!」

「いやいや、お外は雨だから…。」

窓の外を眺めていたりーちゃんが

りーちゃん「んー。ん?きんぎょさんは?」

「おお、思い出したか…。つか完全に忘れてたな…。」

この時点で3日経過。

金魚にとってはそのほうがいいのかもしれないが…。

つづく

関連記事:「金魚すくいがしたい!」ごねる5歳児を前にふと思ったこと…

関連記事:【金魚の飼い始め】夜店の金魚を生き延びさせる方法とは?


「オレは子をみて育とうと思う」をもっと読む
+

 - オレは子を見て育とうと思う, 旦那




 - オレは子を見て育とうと思う, 旦那


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。