日本の常識レベルをはるかに超える!!ギニア人パパのイクメンっぷり

   

ikumenpapa

こんにちは、もしくははじめまして。パリで楽しく日々娘と成長しております、ぴよ母です。

海外での子育て、国際結婚、文化の違う旦那との家庭のやりくり・・・、色々と不安がつきまとうことばかり?
いえいえ!うちの主人はなにを隠そう西アフリカのギニア出身ですが、日本の常識レベルをはるかに超えたイクメンっぷりを発揮してくれております。

保育園に通っている娘は今一歳2ヶ月。まだまだオムツもとれず、もしや早くもイヤイヤ期?と思わせるようなだだっこ行動を発動することもしばしば。

いろいろと試行錯誤しなくてはならないことばかり。
仕事帰りに娘を迎えにいって帰宅すると、私は疲れてばったり、ということも多いこのごろです・・・。

そこでパパピヨの出番。

仕事から一目散に帰ってくれて、早々にバトンタッチしたパパピヨは、ごはんを食べておちついたピヨをお風呂にいれ、丁寧なケア(耳掃除、歯磨き、鼻の洗浄、さらにはネイルケアまで!)を施し、絵本や歌を一緒に歌ってリラックスさせ一緒におねんね、という一連の動きを全て完璧にこなしてくれます。

(そうそう、この「一連の動き」というのが大事なんですよね!単発的に手伝ってくれる旦那さんは多いようですが、このお風呂から寝るまでのセットをこなしてくれるとどれだけ助かることか・・・)

そしてパパも一緒に寝落ち。
もしくは・・・起きて皿洗いまでしてくれることも!!!

たまに二人がすやすやと寝ているのを見ると(私も寝ていることがほとんどですが・・・)私はなんて恵まれてるの・・・、とひしひしと感謝の気持ちがわいてきます。

ぜひ外国人でもこんなイクメンもいるんだぞ、と日本のお父様方にも教えてあげてください(そして積極的に子育てに参加してもらえますように・・・!)


⇒作者:ぴよ母さん
みんなの漫画読む
tit-main

 - 1歳児, みんなの漫画, 国際結婚, 旦那




 - 1歳児, みんなの漫画, 国際結婚, 旦那


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。