これが幸せだと思い込んでいたあの頃「パニックちゃんと私~パニック障害でも妊婦に~第1話④」 by 鳥頭ゆば

   

鳥頭ゆば先生「パニックちゃんと私~パニック障害でも妊婦に~」絶賛連載中です!

panicchan01_04

前回のお話はコチラ⇒第3話 結婚式の準備が大変で…「パニックちゃんと私~パニック障害でも妊婦に~」

そんな中、旦那の祖母が病気になり他界。

(知り合って数回しか会ったことないけど、いい人だったなぁ…。孫を見せてねって言ってたけど、無念だったろうなぁ…。)

義母「ゆばちゃん、本当にこっちで暮らすのって大丈夫…?」

「ええと、とりあえず今はピンときませんが大丈夫なんじゃないかと。」

この頃、義両親といずれは敷地内同居という話を聞いていました。

(でも、そうは言ったものの本当にうまくやっていけるのかな…。あと何年北関東に暮らすとかも決めてないし。旦那も歳取って転職なんて出来ないだろうし。早めに転職してもらわないといけないのかなぁ…?)

友人「なんか忙しそうだね…。大丈夫?」

「まぁ、結婚するってこういうもんじゃないのかな?大変だけどさ…。」

(でも色々悩みがあるって充実してるって感じぃ~♪)

と、この時は忙しい自分に酔いしれ、それが幸せだと思い込んでいました。

Click here to preview your posts with PRO themes ››


作者:鳥頭ゆば先生
「パニックちゃんと私~パニック障害でも妊婦に~」を読む
+

 - パニックちゃんと私, パニック障害 ,




 - パニックちゃんと私, パニック障害 ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。