陣痛は痛みは和らぐけれど…無痛分娩の思わぬデメリット!【無痛分娩②】 by ミドリャフカ

   

◆前回のお話

無痛分娩が出来るかどうかは運次第。2人目の出産は・・【無痛分娩①】

 

そして無痛分娩になったのですが、

痛みがやわらぐ分、お産の時間は長引くというのが

無痛分娩のデメリットだそうです。

 

ちび子の時は4時間ちょっとのスピード出産だったので、

長引くといってもそこまでは…と思っていたら

全然進まないのです。

 

痛みは全くないわけではないし、

陣痛が来る感覚もずっとあるのですが

なかなか出てこない。

 

パパに、一晩中お尻にテニスボールを押し付けてもらいながら

耐えていましたが…

夜10時半ごろに、分娩室に入った時に子宮口は3センチ。

朝4時で子宮口は9センチ。

朝8時で子宮口全開になるものの

最後の追い込みが足りないのか

お産にはつながらないようで、

ついに陣痛促進剤を使うことに。

 

そして、麻酔は弱くしていくという恐怖の言葉。

麻酔を弱くしていくと、どんどん強くなる痛み。

とにかく耐える!

 

もう力んでもいいよと言われて、

陣痛の波がくるたびに力をこめ…

それを2時間ほど続けたところで

ついに出産にむけての準備がはじまりました。

作者:ミドリャフカさん
ミドリャフカさんの漫画をもっと読む
みんなの漫画読む
tit-main

 - みんなの漫画, 出産, 妊娠, 妊娠後期, 陣痛




 - みんなの漫画, 出産, 妊娠, 妊娠後期, 陣痛


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。