イケメンパパは知り合いだった!背後に忍び寄る嵐の気配…【勘違いママBさんとの奮闘記⑧】 by 白目みさえ

ページ: 1 2

   

 

もうほんとに失礼な話ですね。

「なんで絡んでくるん」って思ってしまいました。

その原因はこれ。

もしどこかにBさんがいたらまたあの目で睨まれてしまうやないですか。(⇒第7話参照

それにしてもBさん存在感ヤバいな。

もう目の前には居てへんのに、脳内にしっかり登場してくれるやん。

 

とりあえず辺りを見回してみましたが、それらしき人影は見当たらなかったので、彼の話を聞くことにしました。

(おったら「急いでるんで!」とかってダッシュで逃げてたかもしれません。面倒くさいので。)

 

◆結局あなたは誰なの?

なんで知ってるん?

出身地の話なんかしてないのに、武田さんがどんどん私の正体を暴いてくる。

怖い怖い怖い。

お前誰やねん。

使い古されたナンパ文句かと一瞬思ったのですが…。

 

すっと前髪をかきあげた武田さん…。

あー…なんか知ってる…。

どこかみたことある…。

えー誰だっけ誰だっけ誰だっけ…。

○△中学の武田…武田…武田…

わかったーーーーーー!

ほら!あのオタクの武田ですよ!(知らんやん)

 

彼は私の中学時代の同級生でした。

今でこそ二次元に恋するオタクは「一定数いる」という認識だと思いますが、当時はまだネット環境もあまり充実しておらず、少なくとも子どもが自由に見られるような感じではなかったので、ここまでゴリゴリのオタクというのは珍しかったように思います。

彼は某魔法少女に恋をしていて。

下敷きとか?キーホルダーとか?

なんかグッズをたくさん持っていて。

口癖は「俺は二次元にしか興味がない」

オタクであることを恥ずかしがったり、引目に感じたりすることなく、なんだか胸を張ったオタクでした。

ヤンキーの多い田舎の学校だったのですが、その堂々っぷりからむしろなんだか一目置かれていたりして。

彼発信でヤンキーが魔法少女にハマるという、珍しい光景も見せていただきました。

 

私も当時オタクだったので、彼とグッズを交換したり、彼に依頼されて絵を描いたりして遊んでいました。

恋愛感情的なものはまっっっっっっったくなかったですけど。

微塵も。これっぽっちも。

純粋なオタク友達でした。

もう衝撃の事実。

あの武田が三次元の嫁をゲットしたというだけでも衝撃やのに。

話を聞けば、奥様はその界隈ではわりと有名なコスプレイヤーさんだそうで。

(どこで捕まえたんだ武田…)

今は漫画家として活躍しつつ、趣味のコスプレも時々楽しんでおられるんだそう。

今の武田のファッションや服装は奥様がコーディネートしてくれているそうで、武田が垢抜けたのもよく理解できました。

そして武田はフリーランスで株みたいなことをやってるんだとか。

(本当はもう少し丁寧に説明してくれたのですが、私がポカンとしていたので「まあ株みたいなことや」と省略してくれました。ええ奴や…。)

時間に余裕があるのは武田なので、奥様が仕事をしている間は子どもの面倒を見ているんだそう。(えらい)

そんなことを和やかに話しながら一緒に帰っていたのですが…

いやまあ武田がどんなコスプレするのかも気になるところですが…。

背後に忍び寄るこの「派手な靴」は誰なんでしょうか…。

この一件が…のちに嵐を巻き起こしてくれました。

続きます!

 

◆今までのお話

勘違いママBさんとの奮闘記シリーズ
トンデモなママ友のお話シリーズ
自分も姑と仲良くできなかった話シリーズ
白目みさえさんのお話をもっと読みたい方はこちらから

⇒インスタグラム misae_mon
しくじり育児エピソード大募集!
c1ed5dd4765b7d63d0a30c1f9533c339

ページ: 1 2

 - 0歳児, トラブル, ママ, ママ友 ,




 - 0歳児, トラブル, ママ, ママ友 ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。