Bさんとの恐怖のランチ!Bさんが投げかけてきた疑問とは…?【勘違いママBさんとの奮闘記⑨】 by 白目みさえ

ページ: 1 2

   

こんにちは。白目みさえです。

 

◆前回のお話

イケメンパパは知り合いだった!背後に忍び寄る嵐の気配…【勘違いママBさんとの奮闘記⑧】 by 白目みさえ

 

子ども広場にやってきたイケメンパパは、私の同郷の同級生でした(しかも当時はゴリゴリのオタク)。

早速帰って卒業アルバムを開きながら旦那に報告し、「そんなこともあるんだねー」なんて笑い合った次の日。

私はいつものように子ども広場に出かけました。

 

◆変わらぬ1日になるはずが…

もうシンプルに「イヤ」でした。

こんなに悪い予感しかしないことってあります?

絶対いい話じゃないやん。

 

ちなみにボスママはこうやって時々いろんな人を誘ってランチに出かけていました。

でも…どうせBさんに気を遣うだけの時間になりますし?

あれでしょ?いかに私がダメな生活をしているのかをダメ出しされるんでしょ?

正論を振りかざすセイロニストBさんのセミナーですやん?

ご飯くらい美味しく好きなもん食べたいので、私はなんやかんや理由をつけて行ってなかったんですね。

 

でもこれだけ直に誘われたら行かないわけにはいきませんやんか。

暇?って聞かれて「はあ…」って言うてしまいましたし。

「時間あったらランチ行かない?」って聞かれてたら、すぐにでも行けない理由を並べ立てたんですけども。

架空の親戚が危篤になることもやむを得ませんけども。

まあ「はあ…」って言うてしまったので、行くことになりました。

 

 

※次ページに続きます。
下のページナンバーをクリックしてください!!

ページ: 1 2

 - 0歳児, トラブル, ママ, ママ友 ,




 - 0歳児, トラブル, ママ, ママ友 ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。