息子をなくした私に『あんたは幸せよ』というおばあちゃん。その気持ちは・・ by 絵筆ちゃんのお母さん

   

◆前回のお話

なくなった息子を思い出す物を捨てるかどうか。

こんにちは。絵筆ちゃんのお母さんです。
7年前、息子をなくした時のお話です。

当時88歳の田舎に住むおばあちゃんとの電話のやり取りです。
男の子=跡取りというのが当たり前の田舎に生まれて、
そういう意識を持つ親に育てられたのでこういう会話になりました。

私はそれまで田舎の大きな家に一人暮らしをしている、
おばあちゃんの孤独を考えたこともありませんでした。

親もいない。
夫もいない。
きょうだいもいない。
友達もいない?
実家もなくなった。
そんなことは考えたことがない。
でもそれはとてもツライ。

自分の事を知っている人、
自分の思い出のある実家がこの世に存在しない世界にいるのはどんなにさみしいものだろうか。

http//ehude.blog.jp/
ブログを書いています。


⇒作者:絵筆ちゃんのお母さん
みんなの漫画読む
tit-main

 - 0歳児, みんなの漫画, 子育て, 男の子, 赤ちゃん




 - 0歳児, みんなの漫画, 子育て, 男の子, 赤ちゃん


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。