あれから7年…息子のことを覚えてくれている人 by 絵筆ちゃんのお母さん

   

◆前回のお話

息子をなくした私に『あんたは幸せよ』というおばあちゃん。その気持ちは・・

こんにちは。
絵筆ちゃんのお母さんです。
7年前に生後5ヶ月で息子をなくしました。

生まれたときに近所まわりをしてご近所さんに抱っこしてもらいました。
あれから7年。
近所のスーパーに買い物帰りに会った、さりげないご近所さんとの数分の会話だけど、
なくなってしまった人の事を話せる人がいるというのは、
すごくうれしいことである。

肉体がこの世に存在しない息子は、息子がなくなってから出会った人には、
息子がこの世にいたことを証明することができない。

ブログを描いています。
http//ehude.blog.jp/


⇒作者:絵筆ちゃんのお母さん
みんなの漫画読む
tit-main

 - 0歳児, みんなの漫画, 子育て, 赤ちゃん




 - 0歳児, みんなの漫画, 子育て, 赤ちゃん


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。