知らぬ間に入っていた生命保険。母に理由を尋ねると…【三姉妹の中で私だけ生命保険にかけられていた話②】 by はなうさ

ページ: 1 2

   

◆前回のお話

家にあった書類に書かれていたことは…【三姉妹の中で私だけ生命保険にかけられていた話①】

 

健康優良児としてスクスク育ち、高校生になった私はある日テーブルに無造作に置かれた保険の書類を見つけました。

そこには私の名前と死亡保険という文字があり

 

 

【とりあえず母に突撃してみた】

 

一度は「私本当はこのうちの子じゃないんだとか

「橋の下で拾われた子なんだ」とか思ったことありませんか。

 

橋の下て

コインロッカーや公衆トイレでもなく

橋の下て。ねぇ。

 

話はそれましたが、私も実際そんなふうに思ったことが小学生くらいの時にありまして。

三人姉妹だったので、喧嘩をしたときに親が仲裁に入って上だからという理由で玉砕した時とか「ああ、私はこのうちの子じゃないからぁぁぁぁぁ×□*◆(泣)」みたいな感じで。

でも自分の生命保険の書類目の前にして親に突撃生命保険できるくらいだったので、それだけ信頼していたし、愛されて育った自負があったので本当興味本位で聞いてみたという感じでした。

 

すると…

 

 

※次ページに続きます。
下のページナンバーをクリックしてください!!

ページ: 1 2

フォローしてはなうささんの最新記事をチェック!

 - じいじばあば, 二人目以降, 女の子, 姉妹, 病気・トラブル , ,




 - じいじばあば, 二人目以降, 女の子, 姉妹, 病気・トラブル , ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。