よく笑い発達も早めだった長女が1歳を過ぎて指摘されたこと【長女ななの発達の話①】 by まめすけ

   

長女ななは、1歳過ぎから発達の遅れを指摘され、
相談、検査、療育通いを続けてきました。

2歳後半で急に数値が上昇し始め、
発達障害の診断予定だったのが覆り、

そして4歳後半から6年生の現在まで
数値は平均範囲内を維持、
発達障害の診断なし、
凸凹もあまりない平坦な状態になったのは

親も娘自身ももちろん、先生方にも理由がわからないそうです。

ただ、発達指数がグレーゾーンから平均内に移行しても
ななには特性の一部があることは診断済みで、
小学校には内容を毎年申告し、
耳栓や付箋の持込等の配慮をお願いしています。

現在6年生の子の、赤ちゃん時代からのお話ですから
10年以上前のことになりますし、
現代とは診断や相談内容が異なるかもしれませんが、

発達の遅れを指摘された当時、
書籍やインターネットを調べても調べても、
ななと似ている状態の文献を見つけることが出来なくて
”これが効く”ことがわからず、
手あたり次第、自宅で出来る療育の真似事に挑みながら、
不安な日々を過ごしていました。

娘の発達の経緯をを描くことで、
どなたかのお役に立てることがあったらいいなあと、
ななも私も、思っています。

 

すくパラNEWS公式YouTubeチャンネル毎日更新中!
チャンネル登録お願いします!

⇒作者:まめすけさん
みんなの漫画読む
tit-main</

フォローしてまめすけさんの最新記事をチェック!

 - みんなの漫画, 子育て ,




 - みんなの漫画, 子育て ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。