長い交際を経てついに結婚!と思いきや、やってしまった『軽率な判断』【夫の実家に結婚の挨拶に行ったら破局しそうになった話①】 by まむ

ページ: 1 2

   

こんにちは!まむと申します

今回は私と夫が夫婦になる前、

夫の実家に結婚の挨拶に行った際に一悶着あったときのことを描かせて頂きました。

全4話です。宜しくお願い致します!

 

この頃私達は交際7年目。特に大きな喧嘩もなくのんびりと付き合っておりました。

この日もいつものように二人でボーッと過ごしていたのですが、夫から急に「大事な話がある」と切り出されます。

 

 

 

普段から馬鹿ばかりやっていた私。いよいよ見切りをつけたと思いきや

まさかのプロポーズをされました!

夫のことが大好きだった私は大喜び!

もらった指輪を左の薬指にねじ込みます。

 

 

私と夫は10代の頃からの付き合いです。

交際中何度もお互いの家を行き来していたため 親達とはすっかり仲良し。

両家から「放っておけばそのうち結婚するだろう」と公認状態でした。

逆に公認すぎて私の両親に結婚の報告をした際も

「知ってるけど今更どうしたの?」といった感じでものの5分で解散となりました。

 

私の実家への挨拶が無事に終わり、次は夫の実家への挨拶です。

 

 

私の両親はゆるゆるなのでノープランでそのまま結婚報告をしましたが、夫の両親はしっかりした方たちです。

どういう流れでご両親に挨拶をするか夫と話し合ったほうがいいかな?と一瞬頭をよぎったのですが…

 

 

 

※次ページに続きます。
下のページナンバーをクリックしてください!!

 

 

ページ: 1 2

フォローしてまむさんの最新記事をチェック!

 - じいじばあば, トラブル, 結婚 ,




 - じいじばあば, トラブル, 結婚 ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。