「もう叫ばないと無理!」激しくなる陣痛に、そう感じた私は両親に...【初めての妊娠㊹】by いずのすずみ

   

◆今までのお話

【初めての妊娠】記事一覧はこちらから

陣痛室が分娩室のすぐ近くにあるため、
他の陣痛室に入った音も分娩室に移動して赤ちゃんが生まれる声もよく聞こえていました。

後から来る人が次々に出産していく中、
自分だけがずっと陣痛室から動けないでいるのは相当精神的に堪えました。

誰が悪いわけでも無いのですが…
いつ終わるのかもわからない激痛をもうこの頃20時間近く。
1分間隔になってから15時間ほど。

それでも赤ちゃんがこの痛みの先に生まれてくるならと、
普段はあり得ないくらいの痛みでも頑張って耐えられる!!

と思っていました。

※次ページに続きます。
下のページナンバーをクリックしてください!!

 

ただ、両親がいるとどうしても平気そうな素振りを無意識に振舞ってしまい、
どこかおかしい感じがするとか、
痛みが変化してきたかどうかとかが言えませんでした…

きっと両親はそんなこと望んでないのに、
身近な人に頼るのがへたくそで感情むき出しできる相手が旦那しかおらず…

なるべく自然に…
と思いついたのが、
「ご飯食べてきて」でした。

昨晩からこの日の昼まで両親もずっと何も飲まず食わずで大変だろうし、
生まれるその瞬間までちょっと外でゆっくりしてきて…と。

ここから始まる壮絶な出産に向けて、
現状を伝えられる環境を整えたのは大正解でした。

 

すくパラNEWS公式YouTubeチャンネル毎日更新中!
チャンネル登録お願いします!

⇒作者:いずのすずみさん
みんなの漫画読む
tit-main

フォローしていずのすずみさんの最新記事をチェック!

 - 出産, 妊娠後期, 陣痛 ,




 - 出産, 妊娠後期, 陣痛 ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、脚色なども加えられている場合もあり、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。


/*
*/