陣痛ジンクス爆誕!妊娠39週、こない陣痛への苛立ちから始めたことは… by よしだおごう

   

 

初めての妊娠も39週を迎え、妊婦健診の助成券も尽き、

一体いつになったら陣痛がやって来るのかとヤキモキしていた頃のお話です。

 

行き場のないフラストレーションは、うっかり虫を湧かせてしまったお米に矛先を向けました。

虫を取り除けばお米は食べられると知り、ザルを片手にチマチマと駆除すること半日。30キロ近い量のお米がキレイになりました。

長時間立ったままの姿勢でいたのが功を奏したのか、なんと翌朝から生理痛のような鈍痛が訪れ、夕方には10分間隔の本陣痛になったのです!

そのまま明け方には無事に長男を出産することができました。思い返せば、産後にお米を駆虫する余裕なんてありませんから、今のうちにやっておきなよ、という息子からの暗示だったのかもしれません。

手間のかかることは時間と体力に余裕のある時にやってしまおう、という教訓を得ると共に、お米をキレイにすれば陣痛が来る!という自分だけの陣痛ジンクスが爆誕した出来事でもあります。

 

すくパラNEWS公式YouTubeチャンネル更新中!
チャンネル登録お願いします!

⇒作者:よしだおごうさん
みんなの漫画読む
tit-main

フォローしてすくパラ事務局さんの最新記事をチェック!

 - 出産, 妊娠後期, 男の子, 陣痛




 - 出産, 妊娠後期, 男の子, 陣痛


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、脚色なども加えられている場合もあり、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。


/*
*/