遊びを装ったごまかしも子供にはもはや通じず…「子連れ一文無しの悲哀⑤」

   

カラスヤサトシ先生「オレは子をみて育とうと思う」絶賛連載中!

oreha43_05

前回のお話はコチラ⇒ヤバい!今日は妻の母がくる日だった!「子連れ一文無しの悲哀④」

パパ「りーちゃん(娘)、よし!肩車だ!家に行くぞ!もう20キロなのでいつもはしないが特別だ!」

肩車をしてもらい大喜びのりーちゃん。家に行くけれども…

パパ「来てない!よしじゃー駅だ!行くぞ!」

しかし妻は「来るかもしれない」と言っていただけで…

結局来ないことになった可能性だってあるのだ。

駅の改札につくけれど、

パパ「ハアハア、いないな…。しかし!一縷の望みはできた…。今4時半…よし、6時までここで待ってみよう。いいかい、りーちゃん。電車が来るたびあいちゃん(義母)探すゲームだ!」

りーちゃん「・・・。」

愉快な遊び風にごまかそうとするも、もはや通じず。

つづく

Click here to preview your posts with PRO themes ››


⇒この話を最初から読む
「オレは子をみて育とうと思う」をもっと読む
+

 - オレは子を見て育とうと思う, 旦那 ,




 - オレは子を見て育とうと思う, 旦那 ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。