「初めまして」ってどういう事?!私を無視するママ友から届いた衝撃メッセージ【子どもの習い事で出会った強烈なママの話⑥】 by nekoneko

ページ: 1 2

   

◆今までのお話はこちらから

【子どもの習い事で出会った強烈なママの話】一覧

 

前回、習い事グループの皆で遊びに行かないかとレモンちゃんママに誘われ、グループラインに入れてもらいました。

お誘いを喜ぶ気持ちと、ミカン君ママがいるグループラインに入る事に不安を感じていると、さっそく不安が的中。ミカン君ママから衝撃のメッセージが…

 

 

メッセージの内容は…

 

 

おわかりいただけただろうか…

 

 

何だこれ?

ミカン君ママ、バグったんかな?

 

残念ながら、私たち親子の存在がミカン君ママの記憶から消されていました。

いや、ライン名だけでは誰かわからなかったのかもしれない、と思い直してはみましたが、ミカン君ママは私の事を「ねこ子ちゃんママ」と書いています。

 

 

娘のねこ子の情報をライン上に一切書いていない私に対し、「ねこ子ちゃんママ」と呼ぶという事は、私が何者かは理解している様子のミカン君ママ。

誰かを理解した上で「初めまして」とミカン君ママは言っています。

 

 

※次ページに続きます。

下のページナンバーをクリックしてください!!

ページ: 1 2

フォローしてnekonekoさんの最新記事をチェック!

 - トラブル, ママ友, 習い事 ,




 - トラブル, ママ友, 習い事 ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、脚色なども加えられている場合もあり、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。


/*
*/