【自閉症】3歳の息子は皆から逃れたくて…集団行動① by moro

   

moro先生の「自閉症くんの母、やってます」大好評連載中!

3歳

自閉症息子こもたろは集団の中に入るのが苦手だった。

大人だったら「どうしたの?」と気遣って不安のない状態を作ってくれようとするが、

子供同士はそれがない。

集団になるとなおさら。

「みんなでお庭で遊ぶよ。たろくん、早くー。」

と言われても言葉がわからないので周囲についていけない。

お友だちに合わせられない。

よく「集団のなかで揉まれて来い」とか「周りに合わせられないのはワガママだ」とか言われたりするが、自閉症児にとって集団の中に入ることはとてつもない負担になっている。

こもたろも例外ではなく、集団から逃れたくて仕方ないのだ。

【関連記事】
【自閉症児の子育て】しつけと療育のバランスに悩みながら…

療育を開始したが我が息子だけ全然違う!?(こもたろ3歳)


作者:moro先生
「自閉症くんの母、やってます」17話【集団行動が苦手】を最初から読む!
+

 - 自閉症, 自閉症君の母やってます。




 - 自閉症, 自閉症君の母やってます。


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。