『7歳からの英語』効率のいい教え方【子供の勉強・習い事②】 by フクミー


このエントリーをはてなブックマークに追加

 - 小学生, 教育, 英語教育

   

 

前回のお話「子供と一緒に勉強するのが面倒くさい…こんな母が勉強させる事が出来るのか!?」の続きです。

【効率の悪い覚え方】

結構色んな勉強の本に書かれてあったのですが
この、ひたすらノートに書いて覚える方法って実はなんとも非効率みたいです。子どもを伸ばさない親は「ひたすらノートに書かせる」と本に書いてありました。

うん、私成績悪かった。そりゃ子どもだって覚えないはずですわ。

【母が反省すること】

それにしても、子どもからしたら勝手にいきなり英語を始めろと言われ、
できなければ怒られる。勉強を始めて一週間程は逃げ場のない地獄だったろうなと母は猛省です。

私も何をそんなに必死になっていたんだろう。
相手はまだ7歳なのに…
勉強を教えるのがこんなに難しいとは思いませんでした。

幼稚園の頃からやっていた図形のドリル等と比べて、覚えなきゃいけない英語は教えるのが難しい。英単語が書けなくても見て分かれば今はいいのだ。

【7歳からの英語】

何故英語を始めたかというと、今や小学生から英語が始まる時代だし、義理の兄もアメリカ人だし、英語を一年生から始めても遅い位かしらと思ったからです。

とりあえず今は、ピリピリした雰囲気もなく笑い声が聞こえる勉強時間となってホッとしています。

前回の記事で書いたとおり、今は勉強の習慣を身につけていくのが一番だと思うので、勉強の時間を大切にしていきます。

因みに、機械のタッチペンから英語が流れる勉強もしていますが、さすが子ども、耳がいいです。

私にはその発音できない…
大人になってもその発音続いていてくれっ!

つづく

作者:フクミーさん
フクミーさんの記事をもっと読む

関連記事
【ワンダートイパッド2】口コミ情報!本当に知育効果はあったの?話題の知育玩具、利用開始から5ヶ月後を追跡レポート!

 - 小学生, 教育, 英語教育




 - 小学生, 教育, 英語教育


  関連記事

 - 小学生, 教育, 英語教育