初対面時、上の子への心がけ【上の子が赤ちゃんに優しくなる方法①~初対面編~】 by あざみ


このエントリーをはてなブックマークに追加

 - 二人目以降, 子育て, 育児テク

   

こんにちは

4歳2歳0歳の三兄弟のオカンあざみです。

 

私もいつの間にやら3人の子供を持つ母となりましたが、

兄弟が増える度に心配なのが

兄弟がちゃんと仲良くできるのか?という事ですよね。

 

上の子が下の子をいじめたりしないだろうか。

赤ちゃんにママを取られたと思ってしまわないだろうか。

 

今回から2パートにわたり、

上の子が赤ちゃんに優しくしてくれる我家流の心がけ

についてご紹介したいと思います。

 

1パート目となる今回のお話は

「赤ちゃんと兄の初めての出会い」

ドキドキの初対面の時に、上の子たちへ

どんな心掛けをしているのかについて記事にまとめました。

 

【初めて赤ちゃんがお家にやってきた】

 

出産後、無事退院し自宅へ帰ってきた時の事。

赤ちゃんが初めてお家にやってきて

三兄弟の新しい生活がはじまった。

 

と、さっそく赤ちゃんがお腹を空かせて

大きな声で泣き出した。

 

すると

 

その声にビックリするお兄ちゃん達

 

初めて聞く赤ちゃんの大きな声に驚き固まっていた。

(長男は2回目だけど1歳半だったから覚えてない)

 

こんな大声で泣いて、ただ事じゃないぞ…

とでも言いたげな異様な顔つきで

赤ちゃんを見つめる二人。

 

その様子を見た私は

赤ちゃんってどういう生き物か?

上の子たちはその段階から知らないんだと感じた。

 

そこですかさず

 

 

赤ちゃんの解説

 

赤ちゃんって大きな声で泣く事でしか

気持ちを伝えられないの。

きっと今お腹が空いて泣いているんだよ。

だから心配しなくても大丈夫、と伝えた。

 

すると理解して安心したのか

それからは赤ちゃんが大声で泣いても

お兄ちゃんたちも平然といられるようになった。

 

【初めての出会いは戸惑いを無くしてあげる】

 

始めての赤ちゃん。

めっちゃ小さいくせに、めっちゃ大声で泣く

本当に不思議な生き物。

彼らにとって赤ちゃんの第一印象は

 

「よくわからない生き物」だ。

 

よくわからない物が目の前にいると

心が不安になり戸惑ってしまう。

なので、

 

 

 

赤ちゃんは「可愛い」事を伝える

 

赤ちゃんっていうのはね、

敵でもないし宇宙から来たエイリアンでもない。

 

赤ちゃんはとっても可愛い存在。

「可愛いね」と声に出してお兄ちゃん達と共感する事で

次第に、赤ちゃん=可愛いものなんだと

理解してくれるようになった。

 

【最後に】

 

今回はお兄ちゃんと赤ちゃんの

初対面の時の心がけについてご紹介しました。

 

我家なりの方法なので

「初対面の時記事に書いていた事出来てなかった…」

なんて思わなくても大丈夫です。

子育てに正解なんてないのですから。

ただ、これから赤ちゃんが産まれ

上の子にどう接すればいいか悩んでいる方が

参考になればと記事にしました。

 

そして次回のお話は

「赤ちゃんにもっと優しくなる。

上の子へ普段から心掛けている接し方」について

こちらも我家流ですが紹介させて頂きます。

ぜひご覧ください(^^♪

作者:あざみさん
あざみさんの記事一覧を見る⇒

関連記事
2人同時の寝かしつけはどうしたらいい?!【年子兄弟寝かしつけ作戦】前編後編一挙公開 by あざみ
◆前の記事:
◆次の記事:

 - 二人目以降, 子育て, 育児テク





 - 二人目以降, 子育て, 育児テク



  関連記事

巧みな心理描写と展開力に引き込まれる!インスタグラマー「育田 花」さん

今回は、インスタグラマーの「育田 花」さんを紹介いたします。 高い画力とストーリ ...

卒乳後のブラジャー、オススメの買い方 by ようみん

突然ですが、卒乳しましたああ!!! また漫画に卒乳までを 描こうとおもってます\ ...

子育て中の禁句『ちょっと待っててね』は使い方次第で良くも悪くもなるワード?! by ふくふく*白血病ママ

子育て界隈でよく聞く「ちょっと待っててね」多用問題!(笑) 1人目だけの時は意識 ...

お願い…寝て。どうしても赤ちゃんが寝てくれない時の対処法【赤ちゃんの夜泣き③】 by けえこ

俗にいう、「真夜中のハイテンションモード」ですね(笑) 「今日は泣かない!?寝ら ...

ただの疲れだと思っていた症状の数々。ついにそれが爆発して…。【アホ夫婦が産後うつ・産後クライシスから回復するまで①】 by たんこ

いつも笑顔で我が家を明るく照らしてくれていた娘。 そんな娘を傷付けてしまったのは ...

 - 二人目以降, 子育て, 育児テク