兄弟が仲良くなる秘訣【上の子が赤ちゃんに優しくなる方法②~日常編~】 by あざみ



 - 二人目以降, 子育て, 育児テク

   

こんにちは

4歳2歳0歳の三兄弟のオカンあざみです。

 

前回の続きです

まだの方は→「赤ちゃんと初対面時の心掛け」

 

前回は、赤ちゃんと上の子たちが初めて対面した時

戸惑いや不安を取り除いてあげる言葉を

心掛けていると記事にしました。

 

今回は、日常で使える!我家流の

「赤ちゃんにもっと優しくなる。

上の子へ普段から心掛けている接し方」

についてまとめてみました!

 

【その①「お兄ちゃん大好き作戦」】

 

運命的な確率のもと、何か訳があってか偶然か

兄弟として私達の元に産まれてきた3人。

 

せっかく兄弟になったんだから

みんな仲良くしてほしいと思うのは至極当然の事。

 

じゃあ、どうやったら

お兄ちゃん達が赤ちゃんの事を好きになってくれるのだろう。

 

それは

 

 

 

 

 

先に好きだと伝える

 

お兄ちゃんの事見てるね。

あっ!赤ちゃんがお兄ちゃん見て笑ったね!

「きっとお兄ちゃんの事が好きなんだね」

 

まだ言葉を話せない赤ちゃんの代わりに

オカンが赤ちゃんの気持ちを代弁。

好きだと言われて嬉しそうにするお兄ちゃん。

 

誰でも、自分に好意を持ってくれる人の事は

自然と好きになるものだ。その心理を利用した作戦なのだ!

 

 

【その②「赤ちゃんのお世話は一緒に作戦」】

 

赤ちゃんのお世話に追われながら

上の子の相手もしなければならない…

 

そんな板挟み状態でてんやわんや。

そんな時はこんな作戦はいかがでしょうか?

 

 

 

一緒にお世話を考える

 

赤ちゃんが泣いている。どうしたのかな?

お腹が空いているのかな?

ウンチしちゃったのかな?

それとも眠たいのかな?

 

そう上の子に話しかけながら一緒に考えてみる。

すると、お兄ちゃんが自分なりに

どうしたら赤ちゃんが泣き止んでくれるか考え出す。

 

 

一緒にすることで

赤ちゃんってどんなお世話が必要なのか

どんな時に泣くのかを理解するのと同時に

兄の自覚の芽生えにもつながる。

 

【その③「末っ子よ、逞しく育て作戦」】

 

最後は…苦肉の策。

 

 

多少の事は目をつぶる

 

お兄ちゃんと言ってもまだまだ幼い。

加減が分からず赤ちゃんの扱いが

少々荒っぽいのはしょうがない。

 

そう思って危険な事や本当に悪い時をしない限り

叱らないようにして、程よいタイミングで

「はいはいアリガト―」と適当にあしらって

安全な場所に避難させるようにしています。

 

末っ子の定めか…

逞しく育ってくれることを祈る。

 

【最後に】

 

現在我家の3兄弟、喧嘩する時もありますが

 

基本的にはとても仲がいいです。

 

これらの声掛けがよかったのか

それとも子供たちの性格のおかげなのか

真実は分かりません。

 

けど、いままで書いてきた声掛けをすると

お兄ちゃん達が嬉しそうにしてくれるので

出来る限り心掛けるようにしています。

 

そして、こんだけ色々書いてきましたが

私も人間なので毎回できる訳ではありません!

心に余裕がなくて、鬼の形相の日もあります。

出来る時に出来る範囲で大丈夫。

 

2パートに渡って書いてきました

上の子が赤ちゃんに優しくしてくれる我が家流の心がけ

いかがでしたでしょうか?

 

1人でも誰かの参考になれば幸いです。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

作者:あざみさん
あざみさんの記事一覧を見る⇒

関連記事
類乾癬の治療開始!その意外な治療法とは…?【原因不明の湿疹治療記録④】 by あざみ



 - 二人目以降, 子育て, 育児テク


  関連記事

 - 二人目以降, 子育て, 育児テク