つわりが辛い方は試してみては?つわりに効く漢方をピックアップ!

Posted by:すくパラ事務局

 - つわり, 妊娠講座

   

1

そもそもつわりとは何故起きるのでしょうか。

人によってばらつきがあるのですが、大抵は3ヶ月くらいからまるで船酔いを起こしたように気分が悪くなり、吐き気や人によっては食べ物を受け付けなくなる期間が続きます。
大体妊娠安定期と言われる五ヶ月くらいになってようやくその症状も治まるといわれています。

食べられなくてもつわりの時期は水分は白湯でも良いのでとるようにして、常にお腹は温かくしていて欲しいものですが、つわりに効く漢方薬を5選してみました。

これらは妊婦さんに良いとされていますが、念のため飲む前に主治医の先生や薬局の薬剤師さんにご相談の上、試してみてください。

関連記事
妊娠線ケアのポイントを知って産後も美しく!「すくすく子育て講座妊娠編」

小半夏加茯苓湯(しょうはんげかぶくりょうとう)

これはまずつわりになったら飲む漢方の代表のようなもので、どのサイトでも初めの方で紹介されるポピュラーな漢方薬です。
一番の効果は胃腸の状態を良くしてくれること。つわりは胃腸の弱い人には結構きます。
配合成分は生姜(ショウキョウ)と茯苓(ブクリョウ)が入っていて、生姜とはご存知体を温めると言われている成分です。
茯苓は薬膳料理などにも使われるアカマツやクロマツなどについているマツホド菌の菌核を乾燥したものの外皮以外の部分です。滋養に良いものです。
やはり体を温めるのが一番ということなのでしょう。

半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)

効果にもしっかりつわりと書かれてあります。
妊娠中は精神的にも不安定になるものです。
そこから胃腸が不快になる場合もあります。
そんな時にこれを服用すると神経やめまい、嘔気などの症状が楽になるそうです。
配合成分は上の小半夏加茯苓湯の成分にも入っていたもので、生姜、茯苓の他、半夏(ハンゲ)、厚朴(コウボク)、蘇葉(ソヨウ)が入っています。
半夏(ハンゲ)とは東アジアのサトイモ科、カラスビシャクの塊茎です。
半夏と生姜の組み合わせは吐き気を緩和してくれる作用があるそうです。
厚朴は日本ではモクレン科のホオノキのことです。腹痛や精神安定をうながすものです。
蘇葉はシソの葉を乾燥させたもので心身症や神経系に効くのだそうです。

半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)

これも不安や神経のストレスが胃にくる人に効く成分が入っています。
配合成分は 黄連(オウレン) 半夏、 人参(ニンジン) 黄ごん(オウゴン) 生姜(ショウキョウ) 甘草(カンゾウ) 大棗(タイソウ)です。
黄連はキンポウゲ科の根茎です。これも嘔吐や下痢などの症状に効きます。
人参は消化不良や食欲がない人に効きます。
黄ごんはシソ科のコガネバナの根で、炎症や下痢、腹痛に効きます。
甘草はマメ科の多年草で主に鎮痛に効き目があります。
大棗はクロウメモドキ科で、ナツメの果実です。
主に強壮、腹痛や過敏症などに効きます。

関連記事
二人目のつわりは大変って本当?二人目を妊娠した時のつわり対策

五苓散(ごれいさん)

は吐き気、下痢、むくみなどを抑えてくれる漢方薬です。
猪苓(チョレイ)沢瀉(タクシャ)茯苓、蒼朮(ソウジュツ)桂皮(ケイヒ)などが配合成分として入っています。
猪苓はいわばサルノコシカケ科マイタケの菌核です。むくみや下痢などに効くとされています。
沢瀉はオモダカ科でサジオモダカの根茎です。
めまいや頻尿、胃の不調などに効きます。
蒼朮はキク科のホソバオケラの根茎です。主に胃の調子を整え、利尿効果があります。桂皮とは要するにシナモンです。これは冷えなどから体を守ってくれます。

人参湯(にんじんとう)

主に胃腸の働きを正常にしてくれます。
体力が低下した人などにも効きます。
配合成分は人参(ニンジン)、甘草(カンゾウ)、蒼朮(ソウジュツ)、乾姜(カンキョウ)で、上記にある漢方が配合されています。

総合的につわりに効く漢方はまず体を温める効果があること、胃痛、胃の不調に効果があること、また体力低下を助けるもの、めまいや精神的に不安定になっている状態を緩和するものが多くあります。
それぞれ効能が微妙に違いますから、自分のつわりの症状に適した漢方を服用することが望ましいです。

参考サイト:漢方のツムラ
http://www.tsumura.co.jp/

関連記事
ひたすら眠い!眠りづわり【36歳の妊娠~つわり①~】 by 猫田カヨ

すくすく子育て講座妊娠編【つわり】
1

いつからつわりの原因つわりの症状つわり対策つわり体験談先輩ママのつわり症状つわり対処法&食事

妊娠の初期症状はいつから?妊娠の初期症状妊娠初期に気をつける事妊娠初期の食事つわりの症状と対策


妊娠講座

◆月齢別妊娠講座

1ヵ月(0週,1週,2週,3週) 2ヵ月(4週,5週,6週,7週) 3ヵ月(8週,9週,10週,11週) 4ヵ月(12週,13週,14週,15週) 5ヵ月(16週,17週,18週,19週) 6ヵ月(20週,21週,22週,23週) 7ヵ月(24週,25週,26週,27週) 8ヵ月(28週,29週,30週,31週) 9ヵ月(32週,33週,34週,35週) 10ヵ月(36週,37週,38週,39週)

◆妊娠初期

・妊娠超初期の症状と気を付けるべきポイント ・妊娠初期症状はいつから? ・妊娠初期の症状 ・妊娠初期に気を付ける事 ・妊娠初期のおりもの

◆つわりの症状と対策

・つわりの原因 ・つわりの症状と対策 ・つわり中の食事対策 ・吐きつわり&食べつわりの対処法 ・ご飯が炊けるのも怖い!?つわりピーク時の症状と対策 ・つわりが辛い時にスムーズに仕事を休むための方法 ・つわりに効く漢方 ・私が実行した3つのつわり軽減法 ・唾液つわりとは? ・二人目妊娠の時のつわり対策 ・稽留流産 とつわり

◆妊娠中期(妊娠16週~妊娠27週、妊娠5ヶ月、妊娠6ヵ月、妊娠7ヶ月)

・妊娠中期の体 ・妊娠中期の悩み ・妊娠中期に気を付ける事 ・妊娠中期にやるべき事 ・妊娠中の栄養 ・妊娠中から始めるパートナーシップ ・マタニティエクササイズ ・胎教を始めよう! ・逆子の原因とリスクや直し方

◆妊娠後期

・妊娠後期の体 ・妊娠後期の食事 ・妊娠後期にやるべき事 ・妊娠後期の悩み。頻尿、尿漏れ、おなかの張りとむくみ ・妊娠後期、出産前に確認しておくべき事。 ・出産準備品リスト(育児用品) ・母親学級、両親学級 ・妊娠線ケア ・出産の入院準備の便利リスト ・バースプランを立てよう! ・産院選び

◆出産・分娩

・出産、分娩のプロセス ・陣痛の基礎知識 ・破水の基礎知識 ・おしるしの基礎知識 ・自然分娩とは? ・帝王切開の基礎知識 ・無痛分娩の基礎知識 ・全国の安産祈願スポット ・赤ちゃんの名付けの基本 ・知っておこう!出産費用 ・妊娠・出産に関する法律・制度

◆胎児の成長

妊娠1ヵ月妊娠2ヵ月妊娠3ヵ月妊娠4ヵ月妊娠5ヵ月妊娠6ヵ月妊娠7ヵ月妊娠8ヵ月妊娠9ヵ月妊娠10ヵ月


--!>

---------------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。



 - つわり, 妊娠講座

このエントリーをはてなブックマークに追加
友だち追加

最新記事一覧を見る!!

  関連記事

食べられない時は無理せずに【36歳の妊娠~つわり⑤~】 by 猫田カヨ

つわりの時にハマった食べ物はキンキンに冷やしたトマトでした。 本当はスイカが食べ ...

つわりも治まり安定期に突入!妊娠5ヶ月(16週,17週,18週,19週)のママが知っておきたい事【月齢別すくすく妊娠講座】

妊娠5ヶ月のお腹の中の様子 頭はにわとりの卵大の3頭身 妊娠5ヵ月末頃の赤ちゃん ...

辛いつわりもコレで少しは楽になる?!つわりの時期のおススメ! by 育田花

こんにちは、育田花です。 妊娠出産を通して一番辛いと感じるのが毎回つわりの時期で ...

【ツワリ】人気のパン屋さんの焼き立てパンの香りに…!!

妊娠中、いつも2時間待ちの人気のパン屋さんが空いている! しかも今話題のパンがす ...

二人目のつわりは大変って本当?二人目を妊娠した時のつわり対策

⇒マンガ:安彦麻理絵 妊娠し、お腹に新しい命を宿すことは、ママにとってはこれ以上 ...

 - つわり, 妊娠講座