無理しては駄目!つわりが辛い時にスムーズに仕事を休むための方法

Posted by:すくパラ事務局

 - つわり, 妊娠講座

   

つわり 無理しない

つわりが辛い時は無理しない!

妊婦さんの大半が経験することになる出産前の一つの試練に「つわり」があります。
食欲不振、吐き気、発熱と様々な症状を引き起こしますが対応策はなく、妊婦さんにとっては辛い体験になりますが、妊娠時にしかない貴重な体験でもあります。

妊娠しながらも仕事を続けるワーキング妊婦さんの為に仕事の対応策をお話します。

【妊娠時の体調は常に変化する】

つわりがある時の体調は朝に目が覚めてから決定する事が多いです。
前もって体調が悪いことがわかれば苦労はしませんが朝に目が覚めて「今日は調子が良い」「今日はやっぱり悪いな…」とコロコロ変化するのが妊婦さんの体調です。
仕事を休むのはとても気が引ける、同僚に申し訳がないと思う気持ちはどの妊婦さんにもあることではないでしょうか。

どんな形であれ、仕事の一員である自分が休むことは誰かにその分の仕事が行くことになってしまいます。それは避けられない事態でしょう。
ですがだからといって妊婦さんが無理をするのは良いことではありません。
無理をしてしまうと自分の身体だけでなく、お腹の中にいる大切な赤ちゃんさえも大変なことになる恐れがあります。特に安定期前の妊娠初期の妊婦さんに無理は禁物です、無理は流産に繋がってしまいます。
体調が悪い時は仕事を休むという決断をすることも大切です。
あらかじめ休みをとりやすいようにできれば同僚への負担も軽く済み、休みを言い出す自分も少しは気が楽になるでしょう。

関連記事
妊娠線ケアのポイントを知って産後も美しく!「すくすく子育て講座妊娠編」

【職場に自分の体調を伝えておく】

その為には同僚への告知が必要になります。妊娠と出産、つわりを経験した同僚がいるならお互いに気持ちがわかるので話はしやすいですが、中には妊娠したことで当たりが強くなる同僚、上司もいます。
それは辛いことですが自分の身体を第一に考えて妊娠したことを伝え、身体がこういう状態なので休みをとるかもしれない、ということを伝えておくと休みが少しはとりやすくなるでしょう。

ただ妊娠初期の場合はまだ流産をする可能性がある為、なかなか妊娠したことを言い出せない妊婦さんも多いです。
流産になってしまった時にその事を報告したくない、みんなに知られたくないと思う時は信頼できる上司にだけ、状況を伝えておくといいです。

自分が妊娠をしていると知れることで仕事面のサポートをしてくれる方もいるでしょう。
そういう方には常に感謝を伝えることを忘れずに、今後出産して体調が万全になったら恩返しをすると宣言すればサポートしてくれる方も自分も、気持ち良く仕事をすることができます。

関連記事
妊娠中に脳貧血で失神!元気な妊婦は元気な人じゃないと大声で言いたい!【次男帝王切開出産物語。③】 by よいこ

【つわり時でも頑張って仕事をする場合】

中にはどうしても仕事が休めなかったり、何日も休んだのでそろそろ出勤しないと…と思う妊婦さんもいるでしょう。
つわりの度合いにもよりますが、どんな状態であれ決して無理はしないことです。
なるべく動き回ったりはしないように事務仕事などの座ってできる作業をしたり、休める時は横になって休みながら仕事を続けるようにしましょう。

冷たい物やさっぱりした物を食べるとつわりが軽減することもありますので、食べられるなら飴やガムを携帯しておくと便利です。
吐きつわりがひどい時は脱水症状になる恐れがあるので水分もこまめに摂るようにしましょう。

【職場が休みをとらせてくれない時】

妊婦さんへの理解がない職場も中にはあります。つわりがどうしてもひどい場合は病院で「妊娠悪阻」という診断で診断書を書いてくれますので、休みがとれない場合は活用するといいでしょう。

関連記事
つわりに苦しむ私がひとめぼれした食べ物は…【つわりにまつわるしくじり話①】 by さやかわさやこ

【まとめ】

つわりは妊娠中期の安定期に入ると大半の妊婦さんが落ち着いてきます。中にはなかなか落ち着かず、後期出産間際までつわりが続いてしまう妊婦さんもおり、個人差はありますがつわりは病気ではありませんし、一生続くものでもありません。
今だけと思って、辛い時は仕事を休むことも自分と赤ちゃんの為に必要なことなのです。

すくすく子育て講座妊娠編【つわり】
1

いつからつわりの原因つわりの症状つわり対策つわり体験談先輩ママのつわり症状つわり対処法&食事

妊娠の初期症状はいつから?妊娠の初期症状妊娠初期に気をつける事妊娠初期の食事つわりの症状と対策


妊娠講座

◆月齢別妊娠講座

1ヵ月(0週,1週,2週,3週) 2ヵ月(4週,5週,6週,7週) 3ヵ月(8週,9週,10週,11週) 4ヵ月(12週,13週,14週,15週) 5ヵ月(16週,17週,18週,19週) 6ヵ月(20週,21週,22週,23週) 7ヵ月(24週,25週,26週,27週) 8ヵ月(28週,29週,30週,31週) 9ヵ月(32週,33週,34週,35週) 10ヵ月(36週,37週,38週,39週)

◆妊娠初期

・妊娠超初期の症状と気を付けるべきポイント ・妊娠初期症状はいつから? ・妊娠初期の症状 ・妊娠初期に気を付ける事 ・妊娠初期のおりもの

◆つわりの症状と対策

・つわりの原因 ・つわりの症状と対策 ・つわり中の食事対策 ・吐きつわり&食べつわりの対処法 ・ご飯が炊けるのも怖い!?つわりピーク時の症状と対策 ・つわりが辛い時にスムーズに仕事を休むための方法 ・つわりに効く漢方 ・私が実行した3つのつわり軽減法 ・唾液つわりとは? ・二人目妊娠の時のつわり対策 ・稽留流産 とつわり

◆妊娠中期(妊娠16週~妊娠27週、妊娠5ヶ月、妊娠6ヵ月、妊娠7ヶ月)

・妊娠中期の体 ・妊娠中期の悩み ・妊娠中期に気を付ける事 ・妊娠中期にやるべき事 ・妊娠中の栄養 ・妊娠中から始めるパートナーシップ ・マタニティエクササイズ ・胎教を始めよう! ・逆子の原因とリスクや直し方

◆妊娠後期

・妊娠後期の体 ・妊娠後期の食事 ・妊娠後期にやるべき事 ・妊娠後期の悩み。頻尿、尿漏れ、おなかの張りとむくみ ・妊娠後期、出産前に確認しておくべき事。 ・出産準備品リスト(育児用品) ・母親学級、両親学級 ・妊娠線ケア ・出産の入院準備の便利リスト ・バースプランを立てよう! ・産院選び

◆出産・分娩

・出産、分娩のプロセス ・陣痛の基礎知識 ・破水の基礎知識 ・おしるしの基礎知識 ・自然分娩とは? ・帝王切開の基礎知識 ・無痛分娩の基礎知識 ・全国の安産祈願スポット ・赤ちゃんの名付けの基本 ・知っておこう!出産費用 ・妊娠・出産に関する法律・制度

◆胎児の成長

妊娠1ヵ月妊娠2ヵ月妊娠3ヵ月妊娠4ヵ月妊娠5ヵ月妊娠6ヵ月妊娠7ヵ月妊娠8ヵ月妊娠9ヵ月妊娠10ヵ月


--!>

---------------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。



 - つわり, 妊娠講座

このエントリーをはてなブックマークに追加
友だち追加

最新記事一覧を見る!!

  関連記事

 - つわり, 妊娠講座