今考えたら怖すぎる!ヤンキーママのマタニティファッション by 鈴木セリーナ

 - シングルマザー, ママ, 妊娠 ,

   

鈴木セリーナと申します。
見に来ていただけて嬉しいです。
17歳で妊娠、18歳で息子を出産、離婚、再婚―――あれ、あれ?
を繰り返していたら、いつの間にか息子は16歳になっていました。
最近は、人の子を見ては、“あ〜こんなことあったんだっけ?”とか思う一方、息子が小さい頃は、ただ忙しく、私もまだ若く、余裕も無かったので、息子にちゃんと、目をかけ手をかけ可愛がりたかったなぁと後悔したり(笑)
ひょんなことから、こちらで連載させていただくお話をいただき、息子との思い出を綴ることになりました。
楽しんでいただけたら嬉しいです。

17歳の妊婦、18歳の出産!


17歳の妊婦、18歳の出産!今考えたらとっても怖いこと
やっと自分の妊娠・出産・子育てを振り返れるようになってきたので、ここでお話したいと思います。
15歳まで何不自由なく、田舎のお嬢様として過干渉に育てられた私がドロップアウトし、
地元のヤンキーとの間に子供ができたのは17歳の時のこと。

初めての妊娠で何も分からなかった私は・・・

何もかもが初めてで、これから私はどうなっていくのか(人生のこと)、これから私の体は一体どうなっていくのだろう・・?つわりとか来るの・・?
周りにママ友のような存在もいないので、アドバイスを聞く相手もいないまま、
よくわかんないけどとりあえず、形から入ろうということで…

ギャルの友達がくれたマタニティ服は・・・

ヤンキー妊婦のマタニティスタイルとは?
洋服好きでたくさん洋服を持っていた友達に「妊娠したんよ。服がいるけん、いらん服くれん?ワンピースとかが良い気がする。」と言うと、当時ギャル服といえば!の、アルバローザが大好きだったギャルの友達がくれたものは、ワンピースといっても、ショッキングピンクのオフショルダーに、金色の真鍮ベルトが付いたミニ丈のワンピース。
「靴もあげるよ。」と言って、くれたものは当時流行っていた厚底スニーカー。
痩せ型だった私は、臨月になってもほとんどお腹が目立たなかったので、妊娠後期まで
なんの違和感も抵抗もなく、厚底スニーカー、ピンヒールを履き、チェーンベルトのごっついバッグを持ち、自転車に乗ってどこへでも出かけていました。

結局、妊娠後期までの私のマタニティスタイルは・・・

15歳で覚えたタバコも1日1箱、変わらぬペースで吸っていました。
あれから17年経って、ゆったりとしたワンピースを着て、ペタンコの靴を履き、“おなかに赤ちゃんがいます”キーホルダーをバッグに付けている妊婦さんを見かけるたびに、自分が“悪妊婦”であったことに気付きます…

 

つづく

鈴木セリーナプロデュース
ここぞというときの!見栄はりママ会に最適!
ブランド服レンタルサービス「わたしのすてきなクローゼット」(https://serenadetimes.com/mycloset/
SerenadeTimes(https://serenadetimes.com/)

4coma_0624_ol.ai

作者:鈴木セリーナ
大分県出身。田舎のお嬢様として育てられるが、
15歳でドロップアウト、17歳で妊娠、18歳で出産。
20歳で上京しチャンスをつかみ、ヤンキーママからセレブママへ。
最近になって息子がADHDであることを知った。
著書「元銀座No.1ホステスのおじさん取扱説明書」
アラサー女性人気ナンバーワンウェブマガジンMINEにておじさん取り扱い講座」連載中。
作家、作詞、楽曲プロデュースを行うマルチクリエイティブプロデューサー。
・インスタ
https://www.instagram.com/serenasuzuki0120
・Twitter
https://twitter.com/serena_suzuki01

関連記事
もうすぐ通う「幼稚園」について話してみた【親と子と…いっぱい話し合った登園生活①】 by 林山キネマ



 - シングルマザー, ママ, 妊娠 ,


  関連記事

 - シングルマザー, ママ, 妊娠 ,