「ちょっとどいて」息子のひと言と、しでかした母への仕打ち!!

   

11

座卓にお茶を置き、おかあさんが座椅子に座ってテレビを見ていると、自閉症の息子こもたろがやってきて、

「おかあさん、ちょっとどいて?」

お母さんが

「通りたいの?はい、どうぞ。」

座卓と自分が座っている座椅子を少し離し、こもたろが通れる隙間を作ってあげると…

「ありがと。」

思いっきりお母さんの足を踏みつけてゆくこもたろ。

またげよ。


⇒「moroの家族と、ハンドメイドと。」をもっと読む
+

 - 生まれたのは自閉症くん, 自閉症




 - 生まれたのは自閉症くん, 自閉症


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。