ターニングポイントは中学2年生!娘の反抗期の始まり方【娘の反抗期②】 by あぽり

 - しくじり育児, 中学生, 女の子, 旦那 ,

   

こんにちは!あぽりです♪

娘の反抗期①
続きです。

 

中1まで、従順で、
お父さん大好きだった娘ですが、

中2で変わりました。

急に変わったわけではなく、
少しずつ…。

最初は、父親への愚痴から始まりました。

 

【几帳面な性格の夫】

 

 

夫は、自他共に認める几帳面な人で、
完璧主義でした。

相手にもそれを求めてしまうところがあり、
私も苦労しました。笑

いい加減な私との結婚生活で、
ずいぶん角が丸くなってきましたが、
根本的なところは変わっていません。

子供にもそれを求めてしまう。

「後で」は通用しない。

今やってくれないと気が済まない。

遅刻されたら困るので、
こういう時は私が間に入っていましたが、
散らかす事を嫌う夫は、
家にいる時はいつも怒っているような
状態になりました。

 

だけど、子供はあちこち汚す。

毎日ガミガミに。

出来るだけ、夫が帰ってくる前に
どうにかしようと声を掛けるように
しましたが、
中学生になると、塾やら部活やらで
帰りが遅く、
夫より遅く帰ってくる事も多く、
私も忙しかったし、
なかなか思うようにいかない。

あまりガミガミ言うと、
たとえそれが正論であっても
親子間の空気が悪くなります。

「お父さんはいつも怒っている人」と
思うようになりました。

しかも、男の人って怒ると怖いでしょう?
威圧的になり、
母親が怒るのとはちょっと違うんですよね。

これではいかん!と
夫にも忠告してみる事に。

 

【役割の変更】

ちゃんとした女の子…

その気持ちは分かる。

誰だって、ちゃんとした人になって欲しいと
思って、躾するんだものね。

だけど、ガミガミ言うだけじゃ
ただの怖い人になって、
その後のフォローもないわけで。

叱るのは、私に任せてくれることに!

ところが。

私があまり叱らないのを見て、
夫がイライラし始めました。

夫にとっては、気になる所がいっぱいあって、
あれも注意したい、これも注意したいと
思うのに、
私がそれを注意しないから。

それはたぶん、私がだらしないから
気にならないのだと思う。

人により気になる部分は違うと思うのですが、
夫は、本当に細かい所に目が行き届き
私がそばで聞いていても、窮屈だと感じてしまうほど
正そうとするんです。

それが全部きっちりと出来たら
そりゃ、ちゃんとした女の子になるかも
しれないけれど…

そんなに厳しく言う事かな?
と思う私は、あまり叱らなかったんですね。

おおむね出来ていればオッケー!
と思っていました。

 

でも、気に入らない夫は、
また、ガミガミモードに
戻ってしまいました。

夫は仕事が暇な時期だったんですよね。
早く帰って来て家にいるので、
子供のやることなす事が目につく。

私は逆に忙しくて、
細かい事に構っていられませんでした。

暇は良くない(笑)

 

ちなみに、娘がどのくらいだらしないかと言うと、
私より几帳面です!

夫ほど几帳面になると
生きにくく感じてしまうので、
(イライラすることが多い)
少しくらいだらしないくらいが
丁度いいと思うのですが!
(自分へのいいわけ)

 

◆これまでのお話はこちら

娘の反抗期シリーズ
言霊の話シリーズ
息子の反抗期シリーズ
私の役員生活シリーズ

あぽりさんの作品をもっと読みたい方はこちらから
⇒ブログ 絵日記でございます。


しくじり育児エピソード大募集!

c1ed5dd4765b7d63d0a30c1f9533c339

関連記事
子供会会長の仕事量に呆然…。真夜中、夫の言葉に思わず涙が…!【私の役員生活⑧】 by あぽり



 - しくじり育児, 中学生, 女の子, 旦那 ,


  関連記事

 - しくじり育児, 中学生, 女の子, 旦那 ,