ギフテッドな息子と私の気持ち「息子のADHD発覚経緯④」by 鈴木セリーナ

 - シングルマザー, ステップファミリー, 子育て, 発達障害

   

2週間後、テストを持って大学病院を再訪。

 

採点が終わり、息子と2人で診察室に呼ばれ、医師から次のテストについての説明がありました。

臨床心理士との面談によるテストを受けるという内容。
テストのスケジュールを合わせ説明を聞き終わると、息子は外に出され、私だけ残されました。

先生「先日“文字の幼さ”についてお話した際も伝えましたが、この段階まで来るとおそらく、何もないということはないでしょう」

私「そうでしょうね。この年齢になると改善も見込めないですよね?」

先生「おそらく。10歳未満のお子様ですと、専門の治療施設で症状の改善に向けてトレーニングします。トムくんの年齢の治療施設が無いというわけでもないのですが、そこに通うことによる改善の見込みは低いでしょう」

私「彼の“変わった行動”


は個性として見ていますので、治療とかそういうことは求めていません」

先生「だとすると今回はどういう目的で来院されたのでしょう?」

私「診断書をいただきたいんです。明確な診断が無いまま、“変わった人”として生きていくには、社会の受け入れ体制は整っていません。
でも、あーこの子発達障害あるからなとか、ギフテッドだからな、と思えば、周りの人も彼を許せる部分が出てくると思うんです。
そのために受診しました」

先生「⁉︎そ…そうですか。では、現時点で“発達障害の疑わしき兆候あり“というお手紙を出しますか?」

驚きながらもナイスな提案をする医師に

「ぜひ。
こういう時、世の母親というのは、もっと違う反応をするものなのでしょうか。」

と聞いてみると。

「そうですねぇ。まずは“他の子と違う自分の子供“を受け入れるのに、少し時間がかかるケースが大半ですから、お母様も一緒にカウンセリングを受けることもあります」
と答える医師。

あまり興味本位でこれ以上あれこれ聞くのも申し訳ないので、外で寝て待つ息子を起こし、病院を後にしました。

臨床心理士と息子の面談も終わり、初めて来院した日から合計半年近くかかって、正式な診断書をゲットした私たち親子。
詳細はあえて書き記しませんが、いわゆる発達障害というもので、さらに細かく診断は別れます。
学校に提出すると、校長先生から電話があり「あーやっぱりそうだったんですね」
と言うので、
「そうそう。

理解できない言動があるかも知れんけど多めに見てやって」


的なお願いもして無事、今回の来院目的を果たしました。
イギリスでは息子のような子を“gifted”と言います。
日本の“発達障害”という言葉よりは聞こえがよく息子本人も、そういう自分を気に入っているようです。

いろいろなことがあって息子留学の経緯リンク、小学生からイギリス留学させましたが、16歳になった今でも、エロサイトではなく「クレヨンしんちゃん」「ドラえもん」を無限リピートで観ている息子は

きっと、日本にいたらイジメの対象だったでしょう。
話しはそれますが、私の母は低身長の身体障害者です。

“普通の子”として育てたいという祖父母の意向から母は普通の学校に通い、小学校3年生くらいで身長が止まってしまった母はその後、壮絶なイジメを受けて学生時代を過ごしたと聞きます。

母が正式な医師の診断を受け障害者手帳を手にしたのは、彼女が50歳を過ぎてからでした。

祖父の死が迫り、祖母が“自分が産み落とした障害のある子供を、自分は残して死んでいくんだ”ということをリアルに考えたことがきっかけで、医師の元へ診断書をもらいに行くことになりました。

母の来院の直前、祖母から私に電話があり
「ずっと、娘やと思っちょったけんな。おばあちゃんがあの娘を守ってやらんとと思いよったんよ。やけん、あの娘には“普通の人”として生きることを望んじょったし、そのように育てた。やけど、あの娘を守るおばあちゃんも、いつかは死ぬけんな。あの手帳があった方が、あの娘も生きやすいと思うんよ」
そんなことを言っていました。

“子供を守る”と、一言で言っても、その考え方や方法は様々。

前述の通り、私は息子をこの世に産み落としたその瞬間から、
“自分とは別の人生を歩む、別の人間”と認識していたので、発達障害の診断について、何が原因とか、誰のせいとか、そういう考えは皆無ですし、“変わってるよね”と言われる息子も気に入っています。

それになにより、変わった息子のことを気にする暇が無いほどに、自分自信が生まれも育ちも人と違うように思います。

息子がこれからどういう人生を歩むのかは未知ですが、少なくとも障害者として排除されるのではなく、“変わった人だけど特別な能力があるから利用しよう”という人が彼の周りに集まり、自分の持つ才能で生きてくれたら程度で考えたことから、遅くても、現段階で治療法はなくても、今回の診断が必要だった。

そう思っています。

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

 

【鈴木セリーナプロデュース】

『MY SONG プロジェクト』

実業家の鈴木セリーナと、音楽プロデューサーの須賀満による、新企画“MY SONGプロジェクト”。

「MY CAR、MY HOMEと同じように、自分だけの曲=MY SONGがあってもいいんじゃないか」という発想から生まれたこのプロジェクトでは、たった一人のためだけに音楽を作り・販売するという、今までにないサービスの実現を目指しています。

https://serenadetimes.com/talks/mysonggadekirumade04/

『鈴木学院』

伝統と格式を重んじる、世界唯一の学校『非学校法人 鈴木学院』。

秘匿性の高い"学院指定用品"の販売権を必死の交渉で獲得。

限定商品を購入できるのは世界でここだけ!!

 

https://serenadetimes.com/suzuki-gakuin/

『鈴木セリーナ × misono ~ほんとは似ている私たち~』

ふたりは出会うなり意気投合。

misonoは、デビューから17年間所属した事務所を2018年に独立し、今後の活動が期待されるが、そこに実業の世界の鈴木セリーナのビジネススキルが加わり、支援展開するとか??

https://serenadetimes.com/talk/ほんとは似ている私たち/

『鈴木セリーナ × みかん ~「子供がいるから働けないは、ウソです」~』

お二人の出会いのきっかけ、そして、みかんさんの下積み時代について。

プライベートで親交のあるというお二人の息の合った対談をお楽しみください。

 

https://serenadetimes.com/talk/「子供がいるから働けない」は、ウソです。/

『Serenade Times』

みんなを自由にするサイト。

#misono ちゃん #ものまね芸人みかん ちゃん #あべこうじ さん #吉田豪 さん etc...

様々な分野で活躍するスペシャリストとの対談企画が盛りだくさん。

https://serenadetimes.com

是非、ご覧ください!!

関連記事
熱弁が止まらない息子は・・・「母ときどき鬼」第1話④by さやかわさやこ



 - シングルマザー, ステップファミリー, 子育て, 発達障害


  関連記事

 - シングルマザー, ステップファミリー, 子育て, 発達障害