離ればなれの入院生活【赤ちゃんを授かって⑩】 by りんりんまま

ページ: 1 2

   

こんにちは!

りんりんままです。

前回は、泣かなかった赤ちゃんがようやく小さな声をあげたものの、面会できなくなったことを知ったところまで書きました。

 

【待ちわびていた面会時間、しかし…】

面会予定時間の少し前に、県で一番大きな病院へ転院することになったと知らされました。

この病院の設備では一晩治療しても状態が良くならなかったと…。

診断は、「胎便吸引症候群」

なんらかの理由で赤ちゃんがお腹の中で便をし、それを吸い込んでしまったことにより、自発呼吸が出来ない状態にあるとのこと…。

処置の際に見たチューブの中の黒いものは、吸い込んでしまった便だと分かりました。

のちに知った事ですが、この病気の中でも特に重症で一刻を争う状況でした。

「赤ちゃんが少しでも元気になるために、必要なことなんだ」

頭では分かっていても、気持ちが追いつきませんでした。

他の赤ちゃんの声に、嫌な気分にはなりませんでした。

泣き声も、くしゃみも、しゃっくりも 本当にかわいくて、自分の赤ちゃんのことを想像して癒されました。

看護師さんからもらった赤ちゃんの写真は、全身動かないように固定され、チューブだらけの痛々しい姿。

でも、とってもかわいくて「たれまゆはパパ似だな〜」「鼻はママかな〜」「小さいおててだな〜」とずっと眺めていられました。

でも、ふと「なんでこんなことに……」

「私が泣いたから酸素が足りなくて、苦しくなっちゃったのかな」

「なんで私は1人でここに入院してるんだろう」

と答えのないことを考え、涙が出ました。

 

※次ページに続きます。
下のページナンバーをクリックしてください!!

関連記事
ママ友がいない入学式。『オワッタ…』と思った瞬間【保育園でママ友を作らなかった結果③】 by Ai

ページ: 1 2

 - ママ, 出産, 病気・トラブル ,




 - ママ, 出産, 病気・トラブル ,


  関連記事

 - ママ, 出産, 病気・トラブル ,