原発事故から6年たった福島では「健康ための食」が見直され始めている

 - ふくしまノート

原発事故から6年たった福島では「健康ための食」が見直され始めている

   

1

原発事故から6年たった福島では

「健康のための食」が見直され始めている。

事故後数年間は食のテーマは「食材に対する不安」でしたが

現在は6年間に及ぶ放射能測定のデータの蓄積のおかげで食材の不安が減ったせいか

一歩進んだ取り組みが増えてきました。


ふくしまノートをもっと読む
+++

友だち追加

すくパラNEWS未掲載の漫画や記事も読めるよ!!

 - ふくしまノート





 - ふくしまノート


最新記事一覧を見る!!

  関連記事

ホントに大丈夫?避難指示が続々と解除されている福島に行ってきた。

避難指示が解除されている 福島第一原発から20-30キロにある市町村では 事故後 ...

ニッポンの農業を救う取り組み!?「エネルギー兼業農家とは

熊本の取材中、南阿蘇村でこんな農家さんと出会いました。 「私たちは農家が 食べ物 ...

福島から発信する「健康食」のノート 【ふくしまノート 第34話】

「子供の健康のために普段から食に気をつけていますが、 原発事故直後と違って最近は ...

原発問題に揺れる福島の”今”と”これから”を伝える迫真ルポ「ふくしまノート」井上きみどり先生

「ふくしまノート」は原発問題に揺れる福島県民の実状を取材エッセイ漫画のスペシャリ ...

東日本大震災後に福島で増えた「避難離婚」を知っていますか?

2011年の東日本大震災後、全国で結婚するカップルが増え「震災婚」という言葉が生 ...

 - ふくしまノート


記事が面白かったら
「いいね!」&フォローお願いします!