帝王切開で出産した私に、弟のお嫁さんが言った言葉 by ばよ

   

今は全然気になりませんが、
当時の私は、帝王切開での出産に悶々としていたものでした。

「なぜ、普通分娩ができなかったんだ」

「なぜ、逆子体操をちゃんとやらなかったんだ…
(逆子が直って普通分娩ができたかもしれないのに…)」

なぜ…
なぜ…

 

お風呂上がりに、帝王切開のお腹の傷跡を見るたびにそんなことを考え、
「帝王切開で生まれた子どもは我慢弱い」とか、
ネットでそういう帝王切開にまつわる話を見るたびに勝手に落ち込んでいました。

そこにきて慣れない初めての育児で、椎間板ヘルニアも発症してしまった私。

今でも私の心を温めてくれている、弟のお嫁さんの言葉です。

「もしかしてだけど・・・
ばよちゃんが帝王切開だったのは、
タロくんがばよちゃんの腰を考えてのことだったかもしれないね」

帝王切開でしかも椎間板ヘルニアになってしまって、気持ちがすっかり沈んでいた私。
彼女のおかげで心が軽くなりました。

私もそんなふうに、誰かの心を軽く、
明るくできるような人になりたいと、この時に思いました。


⇒作者:ばよさん
みんなの漫画読む
tit-main

 - みんなの漫画, 出産, 子育て




 - みんなの漫画, 出産, 子育て


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。