病院に到着すると娘の症状が一変して…!【腹痛から緊急手術となった出来事③】 by きたぷりん

ページ: 1 2

   

「腹痛から緊急手術となった出来事②」の続きです。

前回までの話は、夏休み最終日の夜から腹痛が始まり

翌日行った小児科で整腸剤を処方され

さらに翌日、痛みがひどくなった娘を連れ

別の小児科へ向かったところまででした。

 

【病院に到着すると症状が…】

待合室に入るとインフルエンザの季節でもないので

そんなに混んではいません。

受付を済ませ座ってしばらくすると名前を呼ばれました。

ここで予想外のことが起こりました。

 

痛みの波がおさまってしまった。

 

診察室へも自分で歩いて入り

先生との受け答えも、時には笑顔で…。

横になって痛みのある場所を確認していても

体はまっすぐ伸ばせるし

横で見てると、思った以上に痛くない…。

触られた瞬間「あっそこが痛いです」となれば

わかりやすいのに

「そこはちょっと痛いかも」止まり…。

痛む場所も移動するようで

はっきりわからないようでした。

盲腸はお腹の右側ですが、そこも特別目立って

痛くはない。

 

さらに立って飛んでみてと言われると

普通に飛べる…!

さっきまで、歩くのが大変だったんです、と

症状を伝える親が大袈裟なんじゃ?と思われても

仕方がないくらいの状態です。

 

 

※次ページに続きます。
下のページナンバーをクリックしてください!!

ページ: 1 2

 - 子育て, 小学生, 病気・トラブル ,




 - 子育て, 小学生, 病気・トラブル ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。