難しすぎる!先生が出した”退院の条件”【『まさか、うちの子が…』2人目妊娠中の娘入院生活④】 by nao

nao
nao

ページ: 1 2

   

『ご飯を食べる』

分かります、分かるんですが、場所や人に慣れるまで人一倍時間がかかる娘には、それが難しかったのです。ましてや、手に針が刺さっている状況。大人でも違和感があるし、雰囲気で食欲も無くなってしまいますよね。

ご飯が食べられるまで退院の目処が立たないとのことで、娘の精神状態も私の体調も心配だったその日の昼頃。看護師さんが部屋に入ってきたタイミングで大暴れした娘。

暴れた勢いで、点滴の針がずれて血が逆流してしまいました。

針を差し替える必要があるとのことで、3日ぶりに針から解放された娘。

今までの娘はなんだったのか。ずっと泣いて泣いて、私から離れようとしなかった娘が、調子を取り戻し始めたのです。

看護師さんにご飯を食べ始めたことをすぐ報告!それを先生に早く伝えてもらうように言いました。

すると、血液検査をしてみることになり、その結果は良好とのことで、抗生剤が内服に変わり、点滴の針から完全に解放!!!

一気に『退院』の2文字が近づいてきました。

 

【近づいた『退院』と訪れた『限界』】

そして、入院4日目。娘は完全復活!!

…が、私はまともに眠れておらず疲れ切っており、つわりも絶好調。この時まだ退院は決まっていなかったため、限界を感じた私は車で1時間の距離に住む実家の母を呼びました。

母が来てから、次の日の退院が決定!!!

でも、どうしても、『あと1日』が無理なほど私は限界でした。実は、私は妊婦であることを病院側には言っていませんでした。言ったところでつわりは軽くならないし、主人は仕事なので付き添いは私しかいない。

でも、もう無理!!!!

ということで、看護師さんに母を泊めてくれないかとお願いしました。看護部長さんから、今回だけ特別にと許可をいただき、母は小さいソファーで眠ってくれました。母が近くにいるというあの時の安心感は今でも忘れません。

5日間の入院を経て、娘は無事に退院しました。

『原因不明』とのことで、もやもやしたままの退院となりましたが、現在娘は2歳。もうすぐ3歳。毎日元気に過ごしています。

退院した日の夜。晩ご飯は娘のリクエストの唐揚げ。口いっぱいに頬張って食べる娘の姿は、なんだか一回り大きく成長したように見えました。

これからゴールデンウィークが来るたびに、あの時のことを思い出すんだろうなあと思います。大変だった…。

最後まで見ていただき、ありがとうございました!

 


naoさんのお話をもっと読みたい方はこちらから
⇒インスタグラム n5555on

しくじり育児エピソード大募集!
c1ed5dd4765b7d63d0a30c1f9533c339

ページ: 1 2

 - 1歳児, しくじり育児, 二人目以降, 妊娠, 病気・トラブル , ,




 - 1歳児, しくじり育児, 二人目以降, 妊娠, 病気・トラブル , ,


  関連記事

---------------------------------------------
本記事は個人的体験談などに基づいて作成されており、必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。この記事の情報を用いて行動される場合、ご自身の責任と判断により対応いただけますようお願い致します。尚、記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。